*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
一向聴塔子選択・1枚切れカンチャンVS0枚切れペンチャン
今回は塔子選択の話です。

塔子の強弱でカンチャン>ペンチャンというのは超初級クラスの知識ですが、
カンチャンが1枚切れになってる場合、その序列が覆るかという話です。

想定する牌姿は
4578889m24p12789s ドラ8m (3p1枚切れ、36mが残り7枚、以外は関連牌が切れてないものとする)
です。

○条件
・自分南家、他3人非リーチ面前
・24p残しの時、5p引き両面・6p引きリャンカン・45m24p縦引きの変化を考慮する。(2回変化(縦引き+両面変化等)は考慮しない。フリテン受けは考慮しない(そのまま切る)。)
・12s残しの時、45m12s縦引きの変化を考慮する。(2回変化(4s→5s引き等)は考慮しない。フリテン受けは考慮しない。打2pの直後に5pを引いて塔子を再び振り替えるのも考慮しない。)
・赤引き打点UPは考慮しない。(入れるの忘れてた。)
・どの聴牌になっても即リーチする。聴牌時切る牌はランダム。
・一向聴でも他家攻撃に全ツする。

↓シミュレーション結果がこちら。
170621-01.png
3枚ペンチャン・6巡目を基準にすると、
ダイレクトペン3sが1枚多いと+2.6%和了率UP、
ペンチャン→カンチャンで変化が2種類多いと、+1.1%和了率UP
というわけで、枚数差があるときはカンチャン>ペンチャンの序列は通用しない(見えてる枚数が正義)、ということになります。

ただ、和了率の増え方から見て、変化があることの影響が全くないということはないみたいで、もっと変化が多ければいい勝負になりそうです。
例えばピンズカンチャンが24567pの場合など。三面張変化1種と両面変化2種6枚とリャンカン変化1種と縦引き+1種類なので、単独カンチャンより変化の質は倍以上(このへんの表現はてきとうだが)なので、直接受けが1枚少なくてもピンズ残しという線はありだと思います。

または、2シャンテン以上の場合。いつものシミュレーションではできない(AIでは可能だが、今のところバグ直し中でできない。)ですが、
愚形残りの2シャンテンという時点で和了率そのものが低いので、1枚差で和了率が何%も動くとは考えにくく、
それなら上がりに近い段階の受け入れ優先でペンチャンを落とすということもありかと思います。
45赤5からの赤5切りリーチ
一昨日のダマ4ハンについて赤5切ってメンピン三色の4ハン立直をするのも有力ではないか、という意見も多数出ました。
今のままの仕様なら3sも6sも出やすい状況を考えるのは困難なんだけどなぁ、と2日ほど悩んだ結果こうすることにしました。

・1順当たりツモ率とロン率を無理やり「両筋カン28」の2倍と置き換える。

2種ともがおそらく筋28並には出やすかろうと考えました。ツモ率は普通に両面のツモ率にした方がいいのですが、いちいち待ちを別個に書くのがめんどうだったので、同じくカン28の2倍で。

その仮定でシミュレーションをしてみます。

まずは和了率。
170515-02.png
赤5切りリーチが黒5ダマよりは和了率で上回ってます。

出やすさ自体はダマよりは低い(和了時ツモ割合が高い)(降りてる他家からは36sよりはまず現物が優先されるためか)ですが、
先にリーチを打つことによる押さえつけ効果も大きく(ツモるまでの時間稼ぎができる)、トータル和了率では逆転してます。

局収支。
170515-03.png
和了率が同程度のダマよりも偶発役で跳満になる可能性がある分、はっきり赤5リーチの方が上回ってます。

黒5切りリーチとの比較は、1ハンを犠牲にして和了率を10%あまりをあげるかの選択です。今回はどちらも似たようなものということになっています。(ただ、実際は点棒状況的なもので、和了率優先の赤5切りリーチをすることが多そう。)
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その12・ドラ1の供託2本
今回はいつもの無難なテーマに戻ります。
面前一向聴VS副露聴牌の供託2本でドラ1の場合をやります。
形は両面両面のチーテン、聴牌時完全安牌に戻します。

↓タンピンドラ1の場合。
170508-01.png
↓タンヤオドラ1の場合。
170508-02.png
↓境界巡目まとめ表
170508-03.png
供託2本のドラ0とだいたい同じくらいの境界巡目になっています。

供託0本だったらドラ0よりドラ1の方がもともと早い巡目から鳴くことになっていたので、
供託2本による影響(境界巡目の早まり方)がドラ0よりも弱いという風にも見ることができます。
タン(ピン)ドラ1は鳴いても2000点で、面前リーチによる打点上昇が大きいので、相対的に供託リーチ棒の影響がドラ0よりも小さくなる、みたいな解釈でいいですかね。
平和のみ立直判断と供託
5月7日 現物待ち平和の数値が間違ってたので、グラフと本文修正

ちょっと前のこの記事(残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その9・供託2本)で、面前一向聴と副露聴牌の比較だと(ドラ0の場合)供託があることによる影響はかなり大きい、ということをやりました。

それでは別のケース、例えば平和のみを聴牌した時にリーチするかダマにするか、というテーマだと供託リーチ棒の影響がどの程度出てくるかを見てみます。

○ケース1 先制聴牌の場合
条件は自分南家で他3人動きなし、ドラは0枚とします。
170507-01.png
結果は、「たとえ供託が4本あったとしてもリーチが有利」ということになりました。
供託0本でリーチとダマの間の局収支差が1000点はあるので、ダマによる和了率増加分(約10%)×供託リーチ棒の点数だけで、その差を埋めるのはかなり困難、ということでしょう。

ただ、供託リーチ棒が多いほど、ダマ有利であるのは確かなので、点棒状況などほかにダマにしたくなる要素があるのなら、供託リーチ棒の影響も含めた合わせ技で、ダマにするということはあり得るかもしれません。

○ケース2 対1軒リーチの現物待ちの場合
条件は自分南家で北家が先制リーチ(一発順ではない)、他二人動きなし、初手完全安牌。
170507-03.png

結果は「供託0本の時点でかなりダマ寄りなので、供託があればなおさらダマ有利」です。
供託0本はだいたいリーチ有利だが、供託2本で序盤ダマ有利、供託4本で中盤も微妙

供託の有無で決めるというよりも手牌と他家の状況が一番の優先事項になる感じです。
面前一向聴VS副露聴牌は和了率の差が大きいのと、局収支差が境界巡目付近では微差で巡目ごとにきめ細かく決めなきゃいけないですが、リーチとダマ間なら和了率差が小さく、もともとの局収支差が大差ということがあって、供託リーチ棒の介入する余地が少ない、みたいな。
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その11・下家からのポンテン
前回(残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その10・完全一向聴)に引き続き、完全一向聴の鳴くタイミングの話です。

前回まではすべて上家からのチーテンの場合で、スルーするとすぐに自分のツモ番が回ってくるという状況でした。
シミュレーション結果が感覚よりもスルー寄りになっている要因の一つが、南家でスルーすればツモ番が1回多いということがあります。

今回は北家にして下家(東家)からのポンテンのケースを考えます。
この場合はスルーしても自分のツモ番は増えません。
また、自分のツモ番が回ってくる前に対面上家からリーチが入る可能性もあります。
この影響がどの程度大きいかを見てみます。
(というより、昨日の完全一向聴はこの比較をするため布石でした。)

他の仮定は前回とだいたい同じです。両面受けは8枚から4枚の間で動かして、シャボ受けは(スルー時)残り2枚で固定ということにします。

↓タンピンの場合。
170501-04.png
↓タンヤオのみの場合。
170501-05.png
↓境界巡目のまとめ表
170501-06.png
ツモ番がすぐに回ってこない下家からのポンテンの場合はチーテンと比べて3巡くらい鳴くのが早くなります。
中盤で10巡目に鳴くところが7巡目とかに繰り上がるので、その差はかなり大きいと言えます。
中盤なら1順回ってくる間にリーチがかかる可能性が高いので、まぁ納得の結果ですね。

平和がつくかどうかよりは影響が大きいように見えます。
供託2本よりは影響は小さいように見えるので、下家からのポンテン≒供託1本分早めに鳴くと。
このへんは新しい結論ですね。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード