*All archives* |  *Admin*

<<05  2018/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
麻雀AI開発その71・染めパラメータ(聴牌率・放銃率)
前回の続きです。

前回までで、他家の染め手割合の見積もり関数ができたので、今回からは実際に染めに向かった者(非染め色の枚数が1枚以下になった瞬間があったという条件)での、各種パラメータを取っていきます。

とりあえず必要そうなものはかたっぱしから牌譜解析で調べてみます。

まずは、実際に染めに向かった者の初期聴牌率です。
カテゴリ分けはだいたい従前局収支シミュレーションと同じです。(巡目・副露数・染め色余りありなし・リーチ者有無と切ってる無筋現物枚数)
最初は初期聴牌率も機械学習の手法でやろうと思ったけど、なんかうまいこといかなかった(染め色が切られたのに聴牌率が下がった)ので、いつもの雑いやり方(各分類ごとの相互作用はないものとして、単純に掛け算補正するやり方)にします。
171003-01.png

次に染め聴牌者に対してある牌を切って当たる確率です。
従前では副露数と余りあるなしで分けていましたが、今回は染め手模様の条件でなく、実際に(ほぼ)染め手に向かった者なので、
副露数による放銃率の違いはそんなに大きくなかったので、全部一緒くたにまとめちゃいました。
171003-02.png

Next牌譜解析予定
数牌放銃率カベ効果倍率
染め聴牌者ツモ和了率
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード