*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その12・ドラ1の供託2本
今回はいつもの無難なテーマに戻ります。
面前一向聴VS副露聴牌の供託2本でドラ1の場合をやります。
形は両面両面のチーテン、聴牌時完全安牌に戻します。

↓タンピンドラ1の場合。
170508-01.png
↓タンヤオドラ1の場合。
170508-02.png
↓境界巡目まとめ表
170508-03.png
供託2本のドラ0とだいたい同じくらいの境界巡目になっています。

供託0本だったらドラ0よりドラ1の方がもともと早い巡目から鳴くことになっていたので、
供託2本による影響(境界巡目の早まり方)がドラ0よりも弱いという風にも見ることができます。
タン(ピン)ドラ1は鳴いても2000点で、面前リーチによる打点上昇が大きいので、相対的に供託リーチ棒の影響がドラ0よりも小さくなる、みたいな解釈でいいですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード