*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
チートイトイトイその5・リーチorダマ1
チートイ先制聴牌のとき、立直すべきかダマにすべきか。

下のような判断基準があると思います。
・打点
打点が高いほど、立直による和了打点上昇より、和了率減少の影響が大きく、ダマ有利になる。
・手替わり
元の待ちが真ん中に近いほど、手替わりの質・量とも多いので、ダマ有利になる。
・出上がり率
元の待ちが真ん中になるほど、ダマと立直の出上がり率の差が開くので、ダマ有利になる。

まぎれが少ないところから順に見ていきます。

チートイドラドラ(待ちは非ドラ)の字牌待ちのとき。
この場合は手替わりはありません。
131218-01.png
上のグラフの通り、期待値的に立直がダマを大幅に上回ります。
立直とダマの和了率の差が10%程度(8順目ダマ和了率66%、立直和了率58%)で、そこまで差が開かないこと、
放銃率の差も1%程度(8順目ダマ放銃率9%、立直放銃率10%)で少ないことがあります。

字牌待ちが良形ということで、タンピンドラドラを立直するかダマにするかと同じような判断だろうと思います。

1枚見えか2枚見えに関しては立直するなら2枚見え有利、ダマにするなら同等となります。

つぎに19牌です。上の結果より、ダマの場合、字牌に手替わりした時は立直するものとします。
131218-02.png
ちょっと差が詰まったけど、まだ立直有利。

28牌待ちも似たような感じ。

様子が少し変わるのは37牌待ちの時。
字牌・1289牌へ手替わりした時は立直するものとします。
131218-03.png
ほとんど立直とダマが同等になります。つまりどちらでもよいと。

和了率の比較で8順目ダマが66%、立直が42%と結構差があり、
実戦ではチートイドラドラの打点が十分とみてダマにするケースも多そうです。

次は46牌待ち
ダマの場合、字牌1289牌の手替わりで立直、37牌手替わりはダマ続行とします。
131218-04.png
この場合も期待値的には近いけど、37の時よりダマ有利か。

最後に3枚見えの牌の場合。
131218-05.png
この時ははっきりダマが有利ですね。

和了率でも、8順目ダマが66%、立直が33%と倍の差があるので手替わりを待ちたくなるところ。


けっこう、立直が有利な場面が思ったより多いですね…
(どこかで間違いを起こしてないか不安。)

次回はドラ単騎を調べてみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

いつもお世話になってます
面倒で無ければ46待ちの37手替わりもリーチする場合とチートイのみの手替わり判断もお願いします
↑は一枚見え37への手変わりです
生牌単騎の七対子は即リーという話を聞いた時があるのでどの程度有利なのかを知りたいです
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

46待ち→37への手替わりについて
8順目 ツモ和了 ロン和了 放銃 被ツモ 横移動 聴牌流局 不聴流局 期待値
46待ち即立直 0.1696 0.2042 0.1385 0.1424 0.1659 0.1794 0 2649.2535
ダマ(37手替わり時ダマ) 0.1455 0.507 0.0963 0.0945 0.1128 0.0439 0 2796.3486
ダマ(37手替わり時立直) 0.1452 0.5144 0.0936 0.0928 0.1085 0.0455 0 2856.5496

ほとんど誤差の範囲で「よくわからないので、今のところどちらでもいい」というのが回答になります。

37待ちの時にほとんど立直とダマに期待値の差がなかったので、
手替わり時判断はどちらでもいい→(シミュレーション用プログラムに手を加えず)37はダマ、としたところです。


生牌単騎は即立直について

生牌はツモ和了率の面では、2,3枚見えよりはっきり優れているのは確かです。
よって手替わりになる牌が少なく、手替わりの質もあまりよくないため即立直というイメージは持ってます。

ただ、ロン和了率については生牌かどうかより牌の種類(字牌とか37牌とか)でかなり変わってきます。
ロンできる機会はツモの3倍あるので、ツモ和了率の影響よりロン和了率の影響の方が大きく出ています。
よって、今回のシミュレーションでは見えてる枚数より牌の種類の影響が大きくなってます。
(ドラドラにおいて1,2枚見え1289字牌は立直、3~7牌はどちらでもいいという結果)

ドラなし七対子については今後の更新をお待ちください。
詳しく説明して頂きありがとうございます!
データ上は生牌37手変わり即リーでもまずまずやれるということですが現実的には37を引いたら他家にとっての使いやすさや残りの手変わりの枚数を考えてダマかリーチを判断することになりそうですね

ロン和了率に何待ちかが重要であるのはもちろんそうですが、456待ちでは片筋かどうかも和了率に影響を与えますよね 今回のデータは無筋と片筋を区別して考えられるんでしょうか?
筋待ちなら即リーでいいので手変わり判断のためにわざわざデータを出す必要はないですが、片筋を即リーでいいかは出しておいた方がいいデータだと思います 可能であればお願いします
No title
よく参考にしています。
考慮しているかどうか不明ですが既に字牌や1928牌を多く捨てていたり、
河に3枚以上切れの牌種が多いならば手変わり枚数が少なくなり、
シミュレーションより即リー有利になりそうですね。
Re: タイトルなし
> ロン和了率に何待ちかが重要であるのはもちろんそうですが、456待ちでは片筋かどうかも和了率に影響を与えますよね 今回のデータは無筋と片筋を区別して考えられるんでしょうか?
> 筋待ちなら即リーでいいので手変わり判断のためにわざわざデータを出す必要はないですが、片筋を即リーでいいかは出しておいた方がいいデータだと思います 可能であればお願いします

極めて重要な質問です。

今のシミュレーションだと、無筋と筋をごっちゃにして考えてます。

筋も考慮にいれなきゃなぁ…
と頭の片隅におきつつ多少の基礎データをとったものの、今まで放置してました。

筋を考慮にするとなると、反映させるべきパラメータが多数あって面倒くさくて二の足を踏んでたのもあります。
・筋の出やすさ率
・無筋待ちリーチ後、筋引っかけになる牌をツモる率
・無筋待ちリーチ後、筋引っかけになる牌が出る率
・ダマ手替わり時、待ちが筋になってる割合

幸い、ロン和了率の調整は容易にできるようにしてるので、1番目の筋の出やすさについては考慮に入れるのは簡単そうです。
2~4番目は1番目に比べれば影響が致命的ではなさそうなので、とりあえず無視orてきとーに対応する方針にします。すみません。

次回のときは筋についても部分的ではありますが、対応しようと思います。
後、ついでに追っかけ立直の現物待ち対応についても。
現物待ちも厳密には筋と同様いろいろ考えるところはあるのですが、一番影響のでかいロン和了率上昇についてのみ考えれば同様にできそうなので。

一部データ取りをし直すので多少時間はかかりそうですが。
Re: No title
> junerainさん

手替わり率については全体の平均なので河によってシミュレーションより立直有利or不利は両方あると思います。

一番重要になりそうな、捨て牌の枚数≒順目については考慮してるので、そこまで大勢に影響はないかな…と考えてます。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード