*All archives* |  *Admin*

<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
平和のみ立直判断と供託
5月7日 現物待ち平和の数値が間違ってたので、グラフと本文修正

ちょっと前のこの記事(残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その9・供託2本)で、面前一向聴と副露聴牌の比較だと(ドラ0の場合)供託があることによる影響はかなり大きい、ということをやりました。

それでは別のケース、例えば平和のみを聴牌した時にリーチするかダマにするか、というテーマだと供託リーチ棒の影響がどの程度出てくるかを見てみます。

○ケース1 先制聴牌の場合
条件は自分南家で他3人動きなし、ドラは0枚とします。
170507-01.png
結果は、「たとえ供託が4本あったとしてもリーチが有利」ということになりました。
供託0本でリーチとダマの間の局収支差が1000点はあるので、ダマによる和了率増加分(約10%)×供託リーチ棒の点数だけで、その差を埋めるのはかなり困難、ということでしょう。

ただ、供託リーチ棒が多いほど、ダマ有利であるのは確かなので、点棒状況などほかにダマにしたくなる要素があるのなら、供託リーチ棒の影響も含めた合わせ技で、ダマにするということはあり得るかもしれません。

○ケース2 対1軒リーチの現物待ちの場合
条件は自分南家で北家が先制リーチ(一発順ではない)、他二人動きなし、初手完全安牌。
170507-03.png

結果は「供託0本の時点でかなりダマ寄りなので、供託があればなおさらダマ有利」です。
供託0本はだいたいリーチ有利だが、供託2本で序盤ダマ有利、供託4本で中盤も微妙

供託の有無で決めるというよりも手牌と他家の状況が一番の優先事項になる感じです。
面前一向聴VS副露聴牌は和了率の差が大きいのと、局収支差が境界巡目付近では微差で巡目ごとにきめ細かく決めなきゃいけないですが、リーチとダマ間なら和了率差が小さく、もともとの局収支差が大差ということがあって、供託リーチ棒の介入する余地が少ない、みたいな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード