*All archives* |  *Admin*

<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
上がりやすさと裏ドラ効率(七対子編)
今回はこんな感じの牌姿を考えてみます。
東場西家9巡目
(マンズとピンズのてきとうな対子5組)+9s西西北 (8s9s北生牌、西2枚切れ、ドラなし、9s無筋)
(数牌のてきとうな対子5組)+南西西北(東南生牌、西2枚切れ、北1枚切れ、ドラなし)

七対子聴牌の待ち選択で、上がり率だとどちらも北単騎の方がいいパターンですが、
西は全部見えていて北は裏ドラになる確率が0である一方、9s(南)は裏ドラになる可能性があります。
七対子は裏ドラを乗せるのが重要な役(だと思われる)ので、上がりやすさ優先か裏ドラ効率優先か、という問題を考えてみます。

計算の仮定
・和了時ツモ割合・和了時一発割合→シミュレーション結果から取ってくる
・裏ドラ率→実測値によると七対子の裏ドラ率は21.4%。北は裏ドラ率0なので、この数値を7分の6倍する。9s(南)はそれプラス0枚持ちの牌ツモ率のパラメータ3.2%を足したものを使う。
170501-01.png
これら数値からツモ和了時・ロン和了時の平均得点(推定)を出す。(めんどうなので、海底は考慮しない。)

そして、和了率等の確率とツモ和了時平均得点等の数値をシミュレーション結果から取り出して、
そのうちツモ和了時平均得点とロン和了時平均得点をさきほど計算した推定の平均得点で置き換えて、局収支を計算し直す。
(放銃時失点等はそのままとする。)

1個目の北単騎VS9s単騎の場合。
170501-02.png
裏ドラ率の影響で、平均得点は150点くらい上がっていますが、それ以上に和了率の差(55%と46%)が大きすぎて全く勝負にならないです。素直に北単騎に受けましょう。北単騎なら一発も期待できることもありますし。

2個目の南単騎VS北単騎。
170501-03.png
これもさっきと似たような感じ。和了率の差(62%と55%)が大きいので、裏ドラ率3%差程度ではとてもじゃないけど差は埋まらないです。

1個目の北単騎と2個目の南単騎(両方生牌字牌)を比較すると、裏ドラが乗る可能性のある影響は100点弱くらい。
大雑把に上がり時得点5000点とすると、和了率差1~2%差と裏ドラ率3%差が等価くらいでしょうか。

聴牌時で和了率が1~2%差(もしくはそれ以内)になる待ち選択ってどういうのがあるだろうか?
無筋37単騎と無筋46単騎とかならそれくらいになるかなぁ。
親番で、ダブ東単騎と白単騎とか。
後はどちらも1枚切れの白単騎と発単騎で白は第一打だけど、発は5巡目くらいに切られてるとかの微妙な違いとか。
(このへんはデータがないのでテキトーに言ってるだけですが。)

今回の結論は七対子は裏ドラ効率より上がりやすさ優先ということにしておきましょう。
裏ドラ効率を考えるべき、みたいな結論だったら面白かったんだけど、そうはならず残念ですなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード