*All archives* |  *Admin*

<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
愚形リーのみを牌譜解析その7・ダマ編3
前回(愚形リーのみを牌譜解析その6・ダマ編2)の続き。

カン28だと変化でタンヤオとかが多くて、サンプルとしては微妙だったので、
今回は両無筋カン46にして同様の数値を取りました。

↓全体の実測値とシミュレーションの比較
170429-04.png
カン28とあんまり変わらない気がします。局収支は実測値でややマイナスが大きくなってるか。

↓次の変化で場合分け
170429-05.png
カン28と比べて「不変リーチ」が減って、「待ち変えリーチ」が増えた。
両無筋なので、筋ひっかけになったからツモ切りリーチ、というのが減るのと、
両面変化が2種なので振り替わってリーチが増えるためかと。

↓各分類の詳細
170429-06.png
タンヤオがないので、「待ち変え」(ダマ)の和了時ツモ割合が高くなってる、つまり待ちが変わっても役が無くてロンができないケースがけっこうある、ということだと思います。とはいえ、まだツモ割合5割なので、両面で平和が付いてダマ続行のケースがあると推測されます。

両無筋カン46でもなかなかうまいこと合ってはくれませんね。(攻めの聴牌外しや待ち変えダマなどシミュレーションでとらえられていない現象が多い。)
やっぱりダマ聴牌は難しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード