*All archives* |  *Admin*

<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
残り枚数とチーテン入れる巡目の関係その1・タンピン両面両面一向聴
今回は一向聴から鳴いて聴牌を取るか、スルーして高打点狙いか、というよくある問題です。

今までのデータは残り枚数は不問という仮定でやっていましたが、
よく考えてみると、出たところがあと何枚残っているか、あるいは鳴いた後の待ちになるところが何枚残ってるかによって、けっこう鳴く巡目って変わってくるんじゃない?と思いました。

分類が1個(もしくは2個)増える分、調べるのが大変ですが、やってみます。

まずはタンピン(鳴いたら1ハン、スルーで面前でテンパイしたら3ハン)で、両面両面一向聴(浮き牌は完全安牌)の場合を見てみます。
鳴いた場合の待ちになる両面は見た目残り6枚として、上家から出た方の両面の残り枚数を7枚~3枚で動かします。(スルーの場合、上家から出た1枚が減るので、max枚数7枚)

後の仮定は
・自分南家、他3人非リーチ面前
・鳴いて聴牌を取ったとき、初手完全安牌
・スルーした場合、ツモ前からシミュレーション開始、聴牌時完全安牌、他家リーチに対してツモ牌と安全な牌(浮き牌)と取り替え考慮。
・一向聴から放銃率10%以上の牌は押さない。

まずは上家から出た両面が残り7枚(最大枚数)、鳴き聴牌時待ちになる両面が残り6枚の場合。
170416-01b.png
分岐点は13巡目。(それ以前はスルー、それ以後はチー。)
平和形なので、チーテンの巡目が遅いやつです。

6枚+6枚の場合。
170416-02b.png
5枚+6枚の場合。
170416-03b.png
7枚→6枚or5枚の変化はそこまで大きくないです。残り5枚のときはチーテンの巡目が1巡だけ早くなる程度。

4枚+6枚の場合。
170416-04b.png
分岐点は10巡目。枚数が減ってきたので、ややチーテン巡目が早まってきてます。

3枚+6枚の場合。
170416-05b.png
分岐点は5巡目。一気にチーテン巡目が早くなりました。
スルーしても枚数が多い方(6枚)が先に埋まることが多く、それだと見た目残り3枚の両面待ちで、良形かどうかが怪しいので、スルーのメリットがあんまり大きくないということでしょう。

場に5枚目が出る、という時点で、だいたい中盤以降なので、スルーして残り3枚の両面はほぼ全鳴きになりそうです。

というわけで、枚数が多いうちは原則通りでほぼ問題はないが、枚数が減ってきたら要注意、というありきたりな結果になりました。

いろんなケースが考えられる(平和がつかないとか、シャボ受けがあるとか、愚形の場合とか、他家動きありの場合とか)ので、当分はこのシリーズで遊べそうです。
(出来合いのシミュレータをそのまま使える簡単なテーマだと手を出しやすいので、頭使わないといけないAI製作の作業を敬遠しがちという傾向はしばらく続きそう。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
残り6枚、5枚は予想通りですが残り4枚はもう少し鳴き寄りになると思っていたので少し意外でした
他家に切られているということは再度他家に切られやすく他家が使いにくい、あとはピンフの打点がそれだけ影響しているということでしょうか?
強者でも平場で両面3枚目が切られて薄くなってきたからチーテン、というのはかなり見る光景なので参考になりました
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード