*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
両面1300VS字牌シャボ1600
今日はこんな感じの手牌を考えてみます。

111345m667p234s北北 ドラ白

聴牌の待ち選択で、両面に受ければ1300点、6pと北のシャンポンに受ければ(6pロン以外は)符ハネで1600点です。

セオリーとして、「両面と役牌シャボなら和了率はそんなに大差ないので打点の高いシャボに受ける」というのがあると思いますが、
高め1ハンUPよりも弱い(と思われる)、符ハネと両面の比較だとどうなるのか気になったので、調べてみます。

仮定は
・自分南家、他3人動きなし
・両面に受けたときはツモ2ハン30符、ロン1ハン40符、刻子数1
・字牌シャボに受けた時はツモ2ハン40符、ロン1ハン50符、刻子数2(6pロンだと40符止まりというのは今回は考慮しない。)
・残り枚数についてはどちらの待ちも不問とする。

まずは和了率から。
170404-01.png
序盤は字牌シャボの方が和了率が高いが、中盤では3%くらい字牌シャボの方が和了率が低い。

局収支。
170404-02.png
打点が字牌シャボの方が高いにもかかわらず、グラフの傾向は和了率とあまり変わりません。
つまり、中盤以降は両面の方がよさそう。

理由として考えられるのは、和了時ツモ割合が両面の方が高い(60%弱VS40%)ので、両面の方が面前ツモの1ハンがつきやすく、必ずしも符ハネする字牌シャボの方が高くなるとは限らない、ということでしょうか。

今回のシミュレーションでは6pロンで1300止まりということを考慮してないことも含めればより両面有利になるでしょうね。

後は実践心理として、
・打点重視より安全性で和了率重視に受けたい
とか
・安手なので、2種の裏3の可能性より裏1の可能性を上げる方に賭けたい
とかもあるので、
両面に受けることが多くなりそうです。

今日の牌姿は先日の実戦で出てきた牌姿の類題なんですが、
実際に出てきた牌姿もちょっと悩ましかったです。
ドラ8pで、北北の代わりに東東(東場の子)、5p1枚切れ、8p2枚切れ、6p東は生牌。
ドラ受けを放棄するのがちょっと気持ち悪かったですが、枚数でそんなに大差なく、東が役牌で高めなら50符で3200点になるな…というのも考慮してシャンポンを選択。
追いかけリーチを食らってちょっとめくりあいは分が悪い(特に8pでの放銃は最悪)と青くなってたところ、
手詰まりの親から東対子落としが入って、狙い通りの3200点。狙い通りとはいえ、あぶない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
今までに何度もあった選択のはずなのに、特に疑問に思わなかったのがなんだか不思議な感じがします
役牌じゃないから何も考えず両面に受けてたんだなあ
テンパネに対する意識の低さを痛感しました
この待ちだと赤アリのルールなら更に両面有利になりそうですね
Re: No title
私もつい最近までは点パネを意識してませんでした。
今回は両面有利になりましたが、
3月30日のこの記事で、点パネによって結論が変わり得ることがある、ということを知ってからちょっと意識するようになりました。
http://epsilon69399.blog20.fc2.com/blog-entry-854.html
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード