*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
序盤1切り立直の4の危険度
今日はリクエストがあったネタをやります。

1が序盤(特に1巡目)に切ってある立直に対して、4の牌(片無筋)の危険度が通常より下がるのではないかという仮説です。

確か山読みに関する研究で私はまだやってないですけど、序盤に1を切ってる他家が4を持ってる枚数は1を切ってない時より多いという研究をどこかで見たことがあるような気がします。
立直者が4を持ってるということは単純な両面には当たりづらいので、危険度が下がるのではないか、という仮説です。

これは新しくて面白い仮説なので、牌譜解析で調べてみます。

検索条件は次の通りです。
・立直者がn巡目に1(9)を切ってる。(複数枚の1(9)を切ってる場合は切った巡目のうち一番早い巡目をnとする。)
・立直者が4(6)と7(3)を切ってない。
・立直が先制か追っかけかは問わない。(全ての立直を集計対象にする。)
・立直巡目(切った牌の枚数ベースの巡目)別で分類する。
・立直がかけられたとき(立直成立かどうかは問わない。)に分母に+1、4(6)が待ちに含まれるとき分子に+1とカウントする。
・1回の立直に対して1m9m1p9p1s9sの6パターンをチェックする。

↓結果がこちら。
170321-01.png

同じ行(リーチ巡目)で異なる列(1切りの巡目)を比較すると、巡目が遅いリーチの時はほとんど変わらないように見えます。
もし仮説通りに危険度が下がったら面白いなぁと思ってたのですが、残念です。

おそらく、4をリーチ者が持ってるので、シャボに当たる可能性はむしろ高まる、ということと、
4の牌は使いやすいので、34556とかの複合系や亜両面ノベタンには当たり得るということかなーと推測しています。

ただ、ほかに面白いところがあります。
・1切りダブリーに4はかなり通りやすい。(危険度2.8%)
カンチャンには手役がらみ以外でほぼ当たらない(135からは通常5が切られる)ためでしょう。ダブリーは愚形の割合が多いというのが確かあった気がするので、愚形のうちカンチャンが否定されるのは大きそうです。
生牌1枚持ち字牌の1巡目の危険度が2%~3%なので、ほぼ同じくらいの放銃率になっています。
もし、4が対子とかなら、放銃率がほとんど字牌と変わらない+放銃時打点が一般的に字牌の方が高い+安牌水増しができる、の3点セットで、4切りが有力になるかもしれません。
これは(自分の中では)新しいなぁ。おそらくこの事実を知ってる人はそんなに多くないんじゃないかなぁ。

ダブリーに限らず早いリーチなら1切りの4の危険度は下がるようです。


・1が宣言牌の早いリーチは4の危険度が下がる。(おおむね4巡目までのリーチに対して。早ければ早いほど危険度低下が大きい。)
1巡目1切りより宣言牌まで1が引っ張られたということは156の形であることは少ないだろう、ということだと思います。


必ずしも望んでいた結果にはなりませんでしたが、収穫ゼロではなかったのでよしとしましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード