*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
VSホンイツ風仕掛けその9・押し引き表
この対染め手風仕掛けシリーズの集大成。
危険牌を勝負すべきか、降りるべきか。
できるだけ簡潔な表にまとめました。

分かりやすさのために、いくつかの要素をそぎ落としてるので、詳細は異なるところもあるかもしれませんが、
多少正確じゃなくても高確率で成立するようならオッケー」ってスタンスでいってます。

◎表の説明

○縦のライン
・「中」…7~12順目。押す牌は対染めに「染・非晒28」、対リーチに「無筋2378」
・「終1」…13~16順目(通常危険牌)。押す牌は対染めに「染・非晒28」、対リーチに「無筋2378」
・「終2」…13~16順目(超危険牌)。押す牌は対染めに「染・非晒456」、対リーチに「無筋456」
・「弱攻撃」…染め・余りなし1副露、2副露
・「中攻撃」…染め・余りなし3副露、余りあり1副露、2副露
・「強攻撃」…リーチ、染め・余りあり3副露

○横のライン
・「完全」…20枚受けの完全一向聴。
・「良良」…16枚受けの両面両面一向聴。
・「良悪」…16枚受けの半々の確率で両面か悪形になる一向聴。両面+リャンカンや両面+カンチャン対子など。
・「悪悪」…12枚受けの悪形確定一向聴。リャンカン+カンチャンやカンチャン+カンチャン対子など。

○各マス目
高確率で押すべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上上回っている。簡単には逆転しない差がついている。
オレンジどっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね上回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
どっちでもいい。押しの期待値と降りの期待値が同程度。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
黄緑どっちでもいい。押しの期待値が降りの期待値をおおむね下回っている。状況次第で逆転しうる。微差であるので成績への影響度は低い。
高確率で降りるべき。押しの期待値が降りの期待値をおおむね500点以上下回っている。簡単には逆転しない差がついている。

赤と青の部分をきちんと押さえれば、後の部分はどうでもいいです。

表の説明終わり。


まずは自分も相手も子の場合です。
130526-01.png
例えば、以下のようなことを主張しています。
・良型聴牌なら、ほとんどの場合押すべき。
・悪形のみ手聴牌でも、弱い攻撃に対して引くべきでない。
・悪形のみ手聴牌なら、リーチに押すべきでない。3ハンあるなら、終盤の超危険牌以外押すべき。
・ピンフかドラ1がある完全一向聴なら、弱い攻撃に対して引くべきでない。
・ピンフドラ1の完全一向聴なら、中攻撃に対して中順までは引くべきでない。
・のみ手の両面×2一向聴なら、中順で中攻撃に対して押すべきでない。
・一向聴の時にリーチに対して押すには良型確定3ハン以上の中順まで、といった理由が必要。大体の場合は引くべき。

次は自分が親の場合です。高和了点・高被ツモ失点・聴牌で親権維持の3つの効果でかなり子の時より押すボーダーラインが下がってます。
130526-02.png
例えば、以下のようなことを主張しています。
・良型聴牌なら、押すべき。
・悪形のみ手聴牌でも、中攻撃に対して押すべき。
・悪形2ハン聴牌なら、対リーチ終順の超危険牌以外押すべき。
・ピンフドラ1以上の完全一向聴なら、中順までリーチに対して押すべき。
・2ハン以下の両面×2一向聴なら、終順ではリーチに対して引くべき。
・3ハン以上の悪形残り一向聴でも、弱攻撃や中攻撃中順までは押すべき。

最後に相手が親の場合です。さすがに押せる局面はそう多くはありません。
130526-03.png
例えば、以下のようなことを主張しています。
・良型のみ手聴牌のとき、弱攻撃に対しては押すべき。終順の超危険牌は止めるべき。
・悪形のみ手聴牌のとき、リーチに対して押すべきでない。
・悪形3ハン聴牌のとき、中順までは押すべき。
・一向聴の時、リーチに対して押せる状況はほとんどない。
・2ハン以下の一向聴の時、中攻撃に対して押すべき状況は少ない。
・3ハン以上の完全一向聴の時、中順までの弱攻撃には引くべきでない。
・3ハン以下の悪形ぶくみ一向聴の時、中攻撃に対して押すべきでない。

けっこう苦労した分、そこそこのものが出来上がったな…とは自分では思ってはいるが。
この表に対する評価は他者におまかせしましょう。
ふぅー、くたびれた。

次回は骨休みに一向聴の牌譜で遊んで、この染め手シリーズを締めようかな、と思ってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
半年以上前のブログにいまさらコメントして大変恐縮なんですが、

この押し引き表にある攻めるのに必要なハン数は,、メンゼンでテンパイしてリーチ打つ場合と、食い仕掛けでテンパイして攻める場合とでは同じと考えていいんですか?

つまり例えば、「子対子」の表で3ハン完全形イーシャンテンなら強攻撃に対して、中盤までギリギリ攻められるようですが、ピンフドラ1イーシャンテンと、すでに仕掛けているクイタンドラ2のイーシャンテンは同じ扱い?

平均和了点と、鳴けることによるテンパイスピード等が違うわけですが。
No title
>まこhgさん

この表は全部初期面前での評価をしてます。

タンピンとピンフドラ1(鳴けるか鳴けないか)の評価はやってましたけど、
最初から副露の場合は漏れてました。


今ちょこっと調べてみたらピンフドラ1一向聴(鳴けない)と食いタンドラ2で500点差がついてました。
(前者なら押し引き微妙、後者なら押し優勢)
最初から副露の場合も別表作った方がいい感じですね…(遠い目になりながら)
No title
食い仕掛けの場合の表もあると非常に助かります。

確か和了率などのパラメータ自体も副露聴牌の場合の方がよかったような記憶がある。

全体的に押し有利に傾くなら、自分が親の場合なんて下手するとほとんど真っ赤っかか。
Re: No title
> 食い仕掛けの場合の表もあると非常に助かります。
>
> 確か和了率などのパラメータ自体も副露聴牌の場合の方がよかったような記憶がある。
>
> 全体的に押し有利に傾くなら、自分が親の場合なんて下手するとほとんど真っ赤っかか。

暇見つけて表作成やってみます。
No title
ありがとうございます!

かなりワガママなお願いを言って大変申し訳ありません。^^;
No title
喰い仕掛け含めた押し引き表を全裸待機で待ってますね
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード