*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
全ツ型四人麻雀計算機その21・当たり牌切られ率補正
ここのところ進捗は微妙な感じです。

前回、テストでロン和了・横移動関連を大きく見積もりすぎてたので、その辺の修正を試みてみます。

例えばこんな感じのパラメータ。
161211-01.png
実際の当たり牌が切られる確率÷全体の切られる確率の比率です。
放銃者(牌を切った人)は非リーチで副露数と聴牌かどうかの別、
和了者(ロン可能な人)はこの表だと副露聴牌者で、
自分(和了者でも放銃者でもない)から見た、見えてる牌手持ち枚数別で分類してます。
牌の種類は面倒だったので、筋と字牌でひとまとめにしてます。
後は巡目も。

同じ片無筋の牌でも実際に副露聴牌者に当たりになる牌が切られる確率はおよそ6~7割まで減るということが分かります。

字牌、特に多く見えてるor持ってる場合の倍率がかなり小さくなってますが、
これは字牌が当たりになってる場合は多くの場合はその字牌が2枚和了者に持たれている(単騎なら1枚)という条件なので、
条件なしのときより関係ない他家から切られる確率が小さくなるということです。
極端な例だと2見2持の場合、多くの場合自分と和了者で対子になってて持ち持ちになってるケースが多いので、関係ない他家からその字牌が切られる確率は0になるということが影響してます。

これの他家→自分バージョンとダマ聴牌とリーチの出る率倍率を今取ってるところです。

自分が和了者の場合は自分の有効牌(上がり牌)が他家から切られる確率にこの倍率を掛けていますが、
他家が和了者の場合は待ち(有効牌)が不明なので、ある牌で横移動になる確率にこの倍率を掛けて補正してみてます。

放銃・被ツモ・横移動に関しては従前のシミュレーションと似たような形式(確率的に当たりになるかどうか決めている)でやっているのですが、これだと直前に切られた牌ほど当たりにくい、筋の本数が減るほど放銃率が上がるみたいなことが反映されないんですよねー。
これを自手と同様、他家の聴牌時点で待ちを分布から確定させておく、みたいなことができないかどうか考え中です。
これなら先述の問題は解消されますし、当たり率補正みたいなよくわからんこともしなくてよくなります。

ただ、そうするといかにして待ち分布を作るかどうかがかなり難しいです。(捨て牌・自分の手持ち牌の状況によって分布を変える必要がある)
それだけで1個の大研究テーマになりえます。
また、聴牌からの手替わりや鳴いて待ち変えみたいな問題もあるので、ちょっと現状ではこの件は後回しにしておこうかという気になってます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード