*All archives* |  *Admin*

<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
全ツ型四人麻雀計算機その20・テスト3
いろいろな局面について旧局収支シミュレーションと今回の四麻計算機を比較してテストしてみます。

自手先制両面リーチで相手3人は非リーチ面前の場合。
161208-01.png
相変わらず横移動率が高めで、チー発生回数が少ないという謎現象です。うーん。わからん。

一番上のはたまたま河に中張牌が切れてる枚数が多めだったので、字牌が多めの河が来るまで、ランダム生成を繰り返してやり直したのが上から3番目の「新」のやつです。
河の濃さが違うだけで局収支1000点も動くのか―。まぁ、3つ目のやつは自分の河が字牌ばかりで、残ってる現物が少なく、相対的に無筋が出やすいというものを反映してるのでしょう、たぶん。

愚形のケースと自手副露聴牌のケースと相手一人副露のケースのそれぞれで比較をやってみた結果がこちら。
161208-02.png
・横移動率(特に相手1副露のケース)が高く出てる。
・自手副露聴牌のロン和了率が高く出てる。
・自手リーチ、相手副露のロン和了率が高く出てる。終局時残り山枚数も多い。

うーん。とりあえず自手他家ともに出上がり関連がうまくいってないのはわかります。出上がり率をたぶん高く見積もりすぎているのだと思います。
自手リーチ・相手0副露については実際の上がり牌が出る確率を低く抑える補正をつけていますが、それをそれ以外のケースでも考える必要がある…とか?
それで一回やってみましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード