*All archives* |  *Admin*

<<08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
リーチ者に海底を回して安全に聴牌を取るかその2
昨日の牌姿の状況で、平均的なツモ率・放銃率でシミュレーションをやりましたが、
実際には場に見えてる枚数が既知なので、その情報をもとにチーすべきかスルーすべきかを見てみます。
残り山1枚なので、平均的なパラメータを使ってシミュレーションするより、手計算する方が正確になると思います。
160910-01.png

スルーした場合のそれぞれの牌をツモってきたケースごとに分けてツモ率と放銃率を出します。
160911-01.png

ツモ率については↓の見えてる枚数別・手持ち枚数別・牌の種類別・巡目別の数値を使います。
見えてる枚数別手持ち枚数別ツモ率

例えば1mは場に3枚見え、自分で0枚持ちの牌なので、↑のリンクに載せてある18巡目のデータからツモ率は4.3%、
というのを全部の牌種類についてやっていきます。(3列目のツモ率の数値)

ただし、この方法だと各牌のツモ率の総和が1にならない(1.065という値になっている)ので、
総和を1にするために3列目のツモ率を全部1.065で割ります。(4列目の補正ツモ率)

次に放銃率ですが、前回のリーチ者に海底を回して安全に聴牌を取るかに載せてある各牌種類ごとの放銃率を使います。
ただし、メンツのスライド、待ち変えによってより安全度の高い牌を切ることも考慮します。
(例えば5pツモなら現物2pを切って聴牌を維持できる。)
ドラの9sについては放銃率+3%扱いにしました。

これらの基礎データを使って、もう一度スルー時の局収支等を見ていきます。
チー時については素直にシミュレーションの値をそのまま使います。(両面の残り枚数4枚という情報を付け加えて。)
160911-02.png
25sを引いて海底ツモで上がれる確率は7.0%。
現物を引けるor聴牌維持のまま現物を切れるケースは44.5%です。(0%以下押しの聴牌流局率と等しい。)
全ツした場合の放銃率が5.7%。昨日のシミュレーション結果よりちょっと上がってます。
割と場に切れてる牌が偏っていて、通ってない無筋を引く可能性が平均よりも上がってるとか、安全度の高い字牌がほとんど切れていて引く確率が少ないとかそんな理由でしょうか。

今回は両無筋456を切るケースがないので(4p6sは両無筋だが、それぞれ通常無筋の7pと3sを切って聴牌維持できる)、全押しと20%以下押しが同じ。
放銃率10%以上の通常無筋を引く確率は44%です。10%以下押しなら44%の確率を引いたら聴牌を崩すことになります。その代り放銃率は0.2%まで抑えることができます。

局収支的の順番的には
チー>全押し・20%以下押し>10%以下押し・5%以下押し>0%以下押し
の順で昨日とほぼ同じになってます。

やはりリーチ者に海底を回しても確実に聴牌を取れる方が優れているようです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード