*All archives* |  *Admin*

<<02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
先制愚形リーチと追いかけリーチ発生率(実測シミュレーション比較)
今日は何度も使い古したようなテーマで恐縮ですが、また先制愚形リーチのみの話をします。

シミュレーションでは自分が先制リーチをしたときの追いかけリーチ発生率は親子と巡目と先制リーチからの経過巡目とリーチ者の人数別で分けていますが、自分の打点と待ちでは分けていません。
基本的にリーチは待ちがいいか悪いか、高いか安いかなんかはわからないだろうという意図が入ってるのですが、
待ちの方はともかく打点の方についてはドラなしリーチなら他家にドラが多く入ってることが多くて追いかけを食らいやすくて局収支が悪化する、
ということも考えられると思います。

今日はそのあたりの事情を見ていきます。

まずは実測値の方から。
集計条件は
・先制(他3人非リーチ面前)で無筋カンペン37待ちでリーチをした。
・ドラの枚数ごとに局の終了までの間に追いかけリーチが発生した確率を調べる。
(なお、集計の都合上、追いかけリーチが発生したという事象は二人目のリーチの発声時点でカウントしている。宣言牌が当たったかどうか、リーチが正式に成立したかどうかは考慮しない。)
160907-01.png
自手にドラが多い時に追いかけリーチ率が下がるとかになったら、ちょっと考えないといけないところでしたが、
どうやらそういうことにはなっていないもようです。ドラの多寡はあまり追いリーチ発生率には影響しないと。

中盤で愚形リーチを打つと3割前後の確率で追いかけリーチを食らう、という勘定になってます。

次にシミュレーションの方。
こちらも二人目のリーチの発声があったときに追いリーチ発生回数にプラス1カウントしています。
160907-02.png
一番右の追いリーチ発生率のところを注目するとさっきの実測とだいたい合っているのが分かります。
どうやらリーチ側については問題はなさそうです。

というわけで先制愚形リーチのみを打つべし、というシミュレーション結果を補強するような今日の内容でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード