*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
手出しで切られた牌の種類と副露聴牌率の関係
昨日に引き続き、副露聴牌率にまつわる話。

今回は鳴き直後打牌、もしくは通常の手出しを副露者がしたときに、その手出し牌の種類別に分けて副露聴牌率を見てみます。

条件は昨日とほぼ同じ。
牌の種類は数牌は端か真ん中かの6種類、字牌は切れてる枚数と役牌orオタ風で8種類です。
後はドラか非ドラかでも分けます。

まずは副露直後打牌のケースから。
160829-01.png
・基本的に出てきた牌が内寄りの方が聴牌率が高い。
1副露・9巡目なら19牌の時聴牌率22%、46牌なら39%。2倍弱くらいの開きです。
一方、2副露3副露ならそんなに大きくは聴牌率は動きません。

・生牌字牌の時は巡目が深くなると聴牌率が急上昇する。
中盤では19牌のときと同レベルの聴牌率ですが、終盤、特に流局間際のときの副露打牌が生牌字牌の時は456牌の時以上の聴牌率になってます。
1副露ですら80%~90%なので、ほぼ聴牌してると。
数牌なら鳴いて通ってる牌を切って海底をずらすみたいなこともありますが、生牌字牌は100%危険牌になってることの影響かなぁと。危険牌を勝負するからには聴牌はしてると。

・安牌の字牌切りの時は2378牌あたりと同程度の聴牌率。
9巡目1副露で30%くらいの聴牌率です。
両面両面一向聴で安牌を手持ちにしてた時は鳴いて聴牌ですが、単純に遠いところからの仕掛けで一番いらない牌を切った、という2パターンが入り混じってこのくらいになってるんだと思います。
また、生牌字牌の時とは違って流局間際のときはむしろ聴牌率が下がってる傾向にあります。

・ドラ切りの場合は通常時よりやや聴牌率増。
9巡目1副露で2~8牌とか生牌字牌の時で4割~6割くらいの聴牌率。
およそ20%くらいの聴牌率増になってます。
2副露の時でも7割~8割なので、思ったよりは大きくないですね。
ドラを切ってるからといって必ず聴牌してるわけでもないと。
特に2~4枚切れ字牌ドラで、安全にドラが切れそうな局面なら聴牌率の増加はかなり少ないです。


続いて副露打牌以外の時の普通の手出しのケース。
160829-02.png
傾向としては副露直後打牌の時と似たようなものですが、違うところもあります。

・全体的に聴牌率は下がってる。
副露直後打牌ならほぼシャンテンが進んでるのに対し、通常手出しならただの変化だったり安全度の兼ね合いとかで手出ししたケースも入ってるからでしょうか。

・流局間際の生牌字牌でも聴牌率はそこまで高くない。
聴牌率は5割~7割くらい。
目当ての牌が引けなかったけれども現物がなくてやむなく生牌字牌(特に役牌対子とか)を切ったケースだったりするとか。

・手出し安牌切りの聴牌率はかなり低い。
1副露で2割、2副露で3割、3副露ですら4割しか聴牌率はないです。
たまたま両面両面一向聴から聴牌化する牌を引いて安牌切りのケースより、変化のケースとか遠い仕掛けで一番いらない牌を切ったケースが相当数あるということでしょう。


こんなところですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード