*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
相対速度と愚形のみ手先制リーチ
昨日から相対速度に関する話をしてますが、
一番そのことが問題になりそうな状況なのが、先制・子・愚形のみ手・先制面前聴牌の状況でリーチをするかどうか、というテーマだと思います。

私自身も最近打つ時は愚形のみ手で張ったらあんまりリーチしたくないなぁと思いつつ、前よりダマにしたり聴牌外しをしたりすることが増えたような気がします。(主に「絶対ラスを引かない麻雀」の影響)

ただ、シミュレーションやってみるとだいたいダマより即リーチが局収支とかで勝ってるんですよねー。(終盤は除く)
1000点くらいの大差をつけて。
押し引き表の構成変更
↑の記事の1個目の先制リーチ判断表も参照のこと。

ただ、これは相手3人の非リーチ面前者が平均的な挙動をすることが前提になってます。
これが相手3人の河が濃くて今にもリーチがかかりそうな状況だったらどうなるか。
今日はそのあたりをシミュレーションで見ていきたいと思います。

シミュレーションの仮定は以下の通り
・自分南家先制両無筋カン46待ちのみ手で面前聴牌
・リーチするときはそのまま
・ダマの時はフリテン扱い
・ダマで手替わりを考慮する。両面に振り替わったら平和が付いてリーチするものとする。
・ダマで他家攻撃に対して放銃率5%以上の牌を引いたら降りに回る。
・ダマで降り移行時、現物数2個
・自手にドラが無くて相手の手が高くなる効果は考えない。(入れるの忘れてた。)

まずは通常の場合。
160827-03.png
だいたい前の先制リーチ判断表と同じような感じ。

次に相手3人の捨て牌が濃くて、手が早そうな状況を考えます。
前回の記事(捨て牌の濃淡とリーチ発生率)からmaxとminでリーチ発生率に2倍の開きがありますが、
ここでは少し多めに見積もって、平均のリーチ発生率を一律で2倍にしてみます。
9巡目なら平均のリーチ発生率が4%前後なので、それが8%に増えるという計算です。
仮に相手が100%両面両面一向聴だったとしたら聴牌が入る確率は14%なので、それよりちょっと低いというくらいです。
愚形残りの場合もありますし、捨て牌が濃くてもまだ一向聴にすらなってないケースもあるので、8%という数値はまぁそんなものでしょう。
160827-04.png
この条件なら即リーチが不利になるだろうと思ったけど、意外とそんなに変わり映えしないグラフになってます。
差は少し縮まってはいますが。
仮に次順に必ず追っかけリーチが入るという前提なら愚形のみ手のリーチは降りに比べ多少分が悪いですが、そうなる確率はmaxで24%しかないので、そんなに気にしなくてもいいでしょう。

次が逆に相手の手が遅そうな場合。今度はリーチ発生率を通常の半分にしてみます。
160827-05.png
今度は予想通り差が広がりました。これも似たようなグラフですね。

和了率とかの詳細なデータはこちら。
160827-06.png
通常のケースでも、ダマにして手替わり待ちして、無事に両面になってリーチが打てるケースより相手のリーチとかがかかって降りに回されるケースの方が多いです。

相手早いケースだと即リーチの放銃率がかなり上がる(12%→15%)ので即リーチの価値はけっこう下がりますが、
ダマにしてても結局リーチかかって無筋引いて降ろされるケースが大半になってるので、ダマの価値もそんなに高くはない。

ならばと、無筋を引いてもダマで突っ張る戦略(10%以下押し)も大して和了率上がらず放銃率だけが大きく増えるのであまり得策でないし、
敵リーチがかかっても大量の現物(8個)あってほぼ降り切れる仮定をおいてもそんなに事態は好転しないです。

うーん、やっぱり愚形のみ手はどうあがいても即リーチなのかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
どちらかというと鳴き聴牌を早めにとるべきかどうかに
影響しそうな気がします。
Re: No title
> どちらかというと鳴き聴牌を早めにとるべきかどうかに
> 影響しそうな気がします。

敵の明示的な攻撃があるときに鳴き判断が変わるかどうかを含めて近いうちにやってみようと思います。
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード