*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
初手に切る牌と手牌の良さの関係
今日からは相対速度にまつわる話をやってみようと思います。
相手の捨て牌を見て19字牌ばかりを切ってる相手は手が遅そう、逆にタンヤオ牌ばっかり切ってる相手も国士・チートイが濃厚でこちらも手が遅そう、端牌から真ん中牌までまんべんなく切られてる時が手が早そう、みたいな判断をすると思います。

今日は初回なので、初手に切られた牌の種類だけに着目して、相手の手の良し悪しがどの程度かを調べてみます。

分類の仕方は、第一打に切られた牌について
・親か子か
・牌の種類
・ドラかどうか
の分類で、最後の局結果(和了率・放銃率等と局収支)を調べます。
第一打が切られる前に局が終了した場合は除外します。
160826-01.png
160826-02.png
子の場合。
和了率の平均は20.6%、局収支の平均が-167点。

平均と比較して「いい手」が入ってそうな第一打は、

・37牌
和了率25.6%、局収支317点。一番和了率・局収支が高いので、第一打に37牌を切ってきてる相手はそれなりに警戒が必要になるでしょう。タンヤオにもチャンタにも使える牌が第一打に切られたということなので、かなり手は整ってそう。

・ダブ南(南場の南家が第一打に南を打った場合)
和了率25.6%、局収支129点。和了率は37牌とほぼ同等。他に孤立字牌を持ってないこと濃厚なのでこちらもかなり手は早そう、という読みができそう。

・28牌
和了率23.3%、局収支94点。37牌よりは使いにくいので整ってない手からも切られる可能性はあるが、孤立19や孤立字牌はなさそうなので、これも早そう。

・三元牌
和了率23.8%、局収支30点。場風や自風と比べて数値が突出していい。なんでかは不明。自風から切られる方が他の字牌を持ってるケースが少なくなるから手が整ってるケースが多いと思うのだが逆の結果になっててよくわからない。

逆に「悪い手」になってそうな第一打は

・オタ風(切った人にとって)
和了率19.4%、局収支-268点。最も不要な牌の一つなので、手が整ってない可能性がかなりある。

・赤5牌
和了率16.2%、局収支-249点。和了率は最低レベル。ほぼ一色やチャンタや国士系で、七対子すらほぼありえないので、かなり手は遅そう。当たれば高そうだが。

・19牌
和了率20.1%、局収支-195点。第一打として切られることが最も多い。孤立オタ風よりは手が整ってそうだが平均には劣る。

また初手ドラ切りについては和了率では通常牌より高いことが多いですが、打点が低いことが多いので局収支ではあまり高くないです。
160826-03.png
160826-04.png
親の場合。
全体の平均は和了率23.5%、局収支493点。

序列自体は子の時とそんなに変わらないです。

親に初手37牌やダブ東切りなんかされた日には和了率30%くらいとかいう暴力に屈してしまって泣いちゃうかも。

というわけで第一打だけ見ても手の早い遅いはけっこう出てきてそうですね。
熟練プレイヤーならもっと捨て牌全体の情報をキャッチして精度よくできるんでしょうけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード