*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
28牌・37牌を切ってる人数と場況とリーチ和了率
今日は前回(端牌を切ってる人数と場況とリーチ和了率)の続きです。

前回は端牌に焦点を当てましたが、今回は28牌と37牌について同様に見ていきます。
集計の仕方は牌の種類を変えた以外は同じです。

まずは28牌の場合です。
160825-01.png
・両面14,69
巡目によってばらつきがありますが、2が多く切れてる時の14待ちは切れてないときより若干和了率が上がってるように見えます。
印象としてはたったこれだけの違い?みたいに思いました。二人から2が切られてたら5%以上変わるくらいに思っていたので。
2が多く切れてたら1が使いにくいということ+ワンチャンスになりやすく1が通常より出やすいという理由もあると思ってたので、この結果は意外です。

・両面36,47
切ってる人数二人のときと0人のときで和了率の差は3~4%くらい。両面14,69と同じくらいでしょうか。
こちらは思ってるよりも大きいです。1が多く切れてる時よりも影響は大きそうです。
おそらく1が切れてるときは2とか3は持たれてるケースもある(124とか134とか122とか133から1を切られることはあり得る)一方、
2が切れてる時の3はケースとしてはレアケースになるため(23とか233から2はまず切られない)かと。
その分山にいる確率が上がる、ということだと思います。1切りより2切りの方が情報として強い、と言い換えられるかもしれません。

・無筋カン37
和了率の差は5%以上。極めて大きい差です。枚数1枚差よりも大きいです。
さっきの理論とだいたい一緒だと思います。

・無筋カン46
無筋カン37の時よりは差は小さいですが3%くらいは差がありそう。
245や244から2を切られるケースがある分、3よりは確度が落ちるけれども4も多少は場況がよいと。

・筋カン37
だいたい5%くらい差かな?
筋待ちなのでどちらかというと3が山にいるよりは他家に持っててほしいけど、筋の37は警戒の範疇に入るので山にいてくれることも悪くないという感じでしょうか。


次は37牌についてです。
160825-02.png
・両面14,69
残り8枚についてはあんまり3を切ってる人数は関係なさそうだけど、残り6枚については多少差があります。
3が二人から切れてる時は枚数が減ってもあまり和了率が低下しないという見方もできます。
3が多く切れてるのに1が見えてないということはどこかの手牌に固まってる可能性があるということでしょうか。
113や1113からの3切りみたいな。
逆に1が2枚くらいぱらぱらっと切れていればそういうことは少ないので1がmax2枚とはいえ、山にいる可能性は高い、みたいな。

・両面25,58
両面14,69のときと似たような感じ。
3が切れてて2が見えてなかったら2は山に残ってそうな気はする(23とか223から3は切られない)けど実際はそんなに差はないですね。5が持たれてるケースが多いとか?(356とか355とか3555とか)

・無筋カン28
5%以上とかなり大きな差です。2がかなり生きてるという読みはあると思います。

・無筋カン46
カン28ほどではないけど3~5%くらいは差がありそう。

・筋カン28
数値のばらつきが大きくてわかりにくいけど多少和了率は上がってそう。


というわけで影響が大きそうなのは2が多く切れてる時のカン3待ちと3が多く切れてる時のカン2待ち。
これらのケースについては塔子選択するときに枚数が1枚少なくても場況がいい方を選ぶ価値はありそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード