*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
萬雀・手役と打点
ちょっとやる気出して打点の方もできた。

手役の出現率は以下の通り

120330-01.png
天和やダブリーなどの開幕系手役が出現頻度が高いのはいいとして、
他に高いのは、
・一盃口、二盃口…順子の構成のされ方が9種類に限定されるので、通常よりかなり順子がかぶりやすいのであろう。
・三暗刻、四暗刻…縦に牌が重なりやすくなってるから
・一通…1色に染まってるので
・九連宝燈…0.5%。たまーにあがれる。できるとちょっとうれしい。
逆に低いのは、
・ピンフ…縦に牌が重なりやすくなってるから
・タンヤオ…9種類中7種類しか使えないのは制限かなりきつい
・七対子…かなり限定される。二盃口になる形も含めて9C2=36通りしかない。
・ジュンチャン…もっと限定される。6通りのみ。

子の面前ツモの確率が異様に少なかったり、流局率が前回と微妙に違っていたり、
不審な点が複数あったが原因を発見できず。
まぁ、趣味だしあきらめるか。

次に和了ハン数と打点
120330-02.png
最低得点はリーチ清一色の7ハン
平均和了点は倍満と三倍満の間。
倍満が60%、役満も20%という結果に。
さすがに強烈ではある。

ここから通常モード(150000点持ち、ハコ点で終了)の平均局数をシミュレーションで計算すると(リーチ棒、ノーテン罰符の影響は無視)、
先手親の勝率が53.1%、平均局数21.0局でした。

やっててけっこう長いなぁと感じることもあるけれど、
通常の半荘が平均10局超で1局平均2順とかで終わってしまうのを考えると半荘よりはかなり短い。
というか東風戦より短いかも。
案外150000点持ちというラインはゲームとしてはいいところをついてるのかもしれません。

これが長期戦モード(100万点持ち、ハコ点で終了)になると
先手親の勝率が0.5088、平均局数707局。

八連荘モードをはるかに上回る平均局数になりました。
やったことなかったけど、やらなくてよかった。
さすがにやってらんないですわ。


萬雀の研究も飽きたから、次は普通麻雀の研究に戻ろうかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード