*All archives* |  *Admin*

<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
ツモ切りリーチの待ちと打点
今日は簡単なネタを一つ。
ツモ切りリーチの待ち分布と打点を調べます。

こちらがリーチの待ちの分布です。
宣言牌が手出しかツモ切りか別、親子別、先制or追っかけ別の8パターンに分けて調べました。
160808-01.png

・ツモ切りの先制リーチは良形の割合がかなり少ない。
三面張、両面、亜両面を良形とすると、手出し子リーチなら良形割合58.7%ですが、ツモ切りだと39.6%まで下がります。
ツモ切りリーチをするということは待ちに自信がないことが多いということだと思います。

・ツモ切りの先制リーチは数牌単騎待ちの割合がかなり上がる。
手出し・子なら3.0%のところ、ツモ切り・子だと11.1%と急上昇します。
単騎待ちは待ちを変えることが比較的容易なので、即リーチの確率が下がって結果的にツモ切りリーチならば単騎待ちが増えるということになるんだと思います。打点的にも多くのケースが七対子でしょうから役があって手替わりを待てると。それで他家から鳴きとか何らかのアクションがあったからリーチに転じるみたいなのはありそうな筋書きです。
後は愚形のモロひっかけの筋待ちを回避するために1順待った、とか。
今回危険度は調べてませんが、ここまで単騎待ちが増えるとスジをあてにするのも危ないような気はします。ただ良形率はまだ4割はあるので、まったく無意味ということはないでしょうが。
その辺は各自捨て牌を読んで、頑張って単騎待ち(七対子)か普通の両面待ちかを察知してください、くらいしか言えないです。(投げやり)

・ツモ切りの追っかけリーチには両面36,47が本線で両面14,69・三面張はかなり減る。
追っかけリーチなら愚形で先制リーチに踏み切れなかったケースに加え、両面(特に真ん中牌)で打点十分でダマにしていたところ先制リーチを受けて現物待ちでもないので追っかけリーチに踏み切る、というケースも増えるので、両面割合は先制ツモ切り時よりは増えます。
三面張とか両面14,69みたいに優秀な待ちだったら最初からリーチされやすいので、ツモ切り追っかけリーチに対しては相対的にそういう待ちが減るようです。
追っかけでも単騎待ちが多いのは同じような傾向です。


次に同じ区分で和了時得点を調べます。
集計の都合上、リーチ棒収入と積み棒も込みの数値です。ツモorロンの区別もしてないです。
160808-02.png
一般的には、リーチ棒収入も入ってることを差し引いても、先制時より追っかけの方が打点が高いことが多いようです。
先制なら安手のリーチもかけられるけど、追っかけならそういうわけにはいかない(安手なら追っかけを控えるケースがある)ので、まぁこの結果は自然かと。

また、ツモ切り先制も手出しリーチよりかは打点が上がることが多いようです。七対子とか打点のある手が多いためでしょう。

一番やばいのは追っかけのツモ切りリーチです。子で1万点over、親だと15000点もあります。満貫と跳満が半々くらい、というくらいの計算でしょう。これは相手にするにはとても厳しい…。
先に述べた通り、七対子系の単騎待ちが多いのと、両面打点十分のケースがツモ切り追っかけリーチされやすいということを反映してるのでしょう。どちらにしても高打点なのは明らかなので、なるべくなら降りたいですし、共通安牌に窮したら2軒目のツモ切り追っかけリーチに対する安牌を優先的に切りたいところです。
親の通常の先制リーチよりも子の追っかけツモ切りリーチの方が打点が上、ということも十分にあり得ます。(まぁ、親に振り込むと連荘というオプションもついてくるのでそれを考えれば微妙ですが。)

・まとめ(?)
ツモ切りリーチは愚形が多い。
しかし、打点があることが多いのでなめてかかるのは危険。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード