*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
河の強さと裏ドラ効率
さっきの記事(巡目と残りスジ本数と和了率の関係(鳳凰卓ver.))の応用として、
1234mから河の強さ重視で1mを切るか、裏ドラ効率重視で4mを切るか、という話をします。

平均打点については前回(裏ドラ効率と和了率補正)を参照のこと。
裏ドラ効率重視で4mを切れば平均打点は20点UPします。(まぁ、中盤になると切られてる牌の枚数とか山読みとかすれば数値はかなり変わってくる気はしますが。)

それで河の強さと和了率の関係はさっきの記事で出しました。
7mを切ってなければ、打1mとすると残りスジ本数が1本多くなって河が強くなり、和了率で0.3%~0.8%UPします。(ということにしておいてください。)

これで期待得点(=和了率×和了時平均点)の数値でどっちが上かを見てみます。

160803-09.png
全体的に裏ドラ効率重視の打4mより河の強さ重視の打1mの方が優位なところが多そうです。

特に巡目が早いほど、または打点が大きいほど打1mの有利度は上がります。

私は山読みとかはよくわかんないので、このデータに従って打1mでリーチするのを選ぶことにします。
そのへんの判断はみなさんのご想像にお任せします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード