*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
孤立19牌と孤立字牌の比較その2(?)
コメントにて、
第一打に切る牌別より、第一ツモ時の端牌・字牌の枚数をカウントした方が打ち手の意思が入らない分いいのではないか、と。

今回はこれを調べてみます。

第一ツモ時点の孤立端牌と孤立役牌(orオタ風)の枚数ごとの最終局結果を見てみます。
160801-08.png
役牌の枚数別。

これを見ると、「端1役0」と「端0役1」との比較で「端1役0」の方が局収支がよくていい手であることが多い。なので、初手は端牌切りより役牌切りの方がいいということ?
いや、「端0役1」だと1枚の役牌以外は(字牌対子を無視すれば)全色の2~8の牌(21種類)に散らばってるけれど、
「端1役0」だと1枚の端牌(例えば1m)だったら2mと3mは持ってないという条件だから4m~8mと2p~8pと2s~8sの19種類と種類数が少ないので、「端0役1」よりもまとまってていい手になってる可能性が高いのはある意味当然か。

となるとこれ、あんまり取った意味はなかったなぁ。

データ数の多いところをあれこれ考えるよりレアケースに思いを馳せる方が楽しいかもしれない。
例えば、「端6役0」とか。6枚もいらない牌があるのか…という絶望感。国士に行くにも役牌が0なので、大変で九種九牌で流せるケースも少ない。とはいえ、残りの8枚は4~6の牌か字牌対子以上か孤立オタ風なので、かなりまとまっていて6枚の端牌を切っていくうちに手になればいいなぁ、みたいな。

「端6役3」くらいなら九種九牌で流すこともできるし、端牌が全部そろってるから国士にも行きやすいし、逆にいい手の部類に入るんだろうなぁとか。

160801-09.png
こっちはオタ風バージョン。
役牌とそんなに変わらないですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード