*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
面前聴牌VSドラポンの押し引き(子VS親)
今日は自分が面前聴牌に対し、ドラポン副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(相手が親)

○表の見方
・1行目(局収支)…ドラポン副露者の副露数

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

待ちの種類は7種類で、面前聴牌VS1軒リーチの時と同様の分類にしてます。

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分西家、副露者対面(東家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない。(確定赤ドラ数0)

仮定は面前聴牌VSドラポンの押し引き(子VS子)と同じです。

↓局収支
160703-01.png

↓半荘収支
160703-02.png

↓段位pt
160703-03.png

さすがに対3副露親ドラポンだと聴牌率も高くて危険なので、安手愚形がかなり降り寄りになってます。

それでも対2副露ならまだ愚形のみ手も勝負になる圏内というのは驚きです。(まぁ、3副露になった瞬間にかなり不利になるので、やばそうなら降りるのが無難なような気はしますが。)

点棒状況判断による影響は対リーチと似たようなものでしょうか。
(点棒に余裕があれば、かなり降り寄りになる。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード