*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
副露聴牌と面前一向聴の分岐点(子)
ドラポンは諸事情により、いったんお休みして、
今日は自分が面前一向聴のときに聴牌取れる牌が他家から出た時に鳴くかどうかをやります。(自分子のケース)

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目

・1列目…面前一向聴・副露聴牌の形
面前一向聴については、「完全一向聴」・「両面両面一向聴」・「両面リャンカン一向聴」・「カンチャンリャンカン一向聴」の4種。
副露聴牌側は「完全一向聴」・「両面両面一向聴」は両面25,58の待ち、「両面リャンカン一向聴」はカンチャンチーのとき両面25,58待ち、両面チーのときカン37待ち、「カンチャンリャンカン一向聴」はカン37待ち

・2列目…副露聴牌時の打点

・3列目…面前一向聴をキープした時の副露聴牌と比較しての打点上昇度
「リーチ」の時は増える手役はリーチのみ(例・副露1ハン1000点ならば面前側は2ハン40符の2600点になる。)
「リーチ平和」の時は条件を満たした時(完全一向聴は入り目が両面の横引きの時、両面両面一向聴の時は常に、両面リャンカン一向聴は入り目がリャンカンの時。)、リーチに加え平和もつける。(例・副露1ハン1000点ならば面前側は3ハン30符の3900点になる。)

・マス目の中の数字…「副露聴牌を取った時の収支」-「スルーで面前一向聴キープ時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「副露聴牌を取った時の収支」-「スルーで面前一向聴キープ時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく副露聴牌取り寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく面前一向聴キープ寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家
・他3人は非リーチ面前
・副露聴牌を取る時、面前一向聴キープ時、ともに他家の攻撃に対し、途中まで押す戦略を採用する。(100%以下押し(全ツ)・15%以下押し・10%以下押し・5%以下押し・0%以下押しのいずれかから一番平均順位がいい戦略を採用する。)
・降り時現物数2個
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・初手切る牌、聴牌時切る牌はランダムとする。
・スルーした時、シミュレーションの開始時点は自分のツモ前(上家の打牌後)とする。
・面前でテンパイした時はどの待ち・打点でもリーチをかけるものとする。
・スルーで面前一向聴をキープした時、その後の鳴きは考慮しないものとする。
・スルーで面前一向聴をキープした時、待ちが1枚減る影響は考慮しない。(副露聴牌側も面前一向聴側も残り枚数不問とする。)

↓半荘収支
160623-01.png

↓段位pt
160623-02.png

↓スルー面前一向聴時の途中押し戦略%
160623-03.png

↓鳴いて聴牌時の途中押し戦略%
160623-04.png

情報量が多いので分析が大変ですが、見ていくことにします。

最初の行がメンタン完全一向聴VSタンヤオのみ両面聴牌ですが、分岐点が13巡目になっていて、従来の東風荘パラメータ(面前完全一向聴VS鳴き聴牌その1・タンヤオのみ)の時(8巡目)よりかなり遅くなってます。
両者を比べてみると、面前一向聴側の和了率・放銃率・被ツモ率はあまり変わらないが、横移動率が大きく減って、その分聴牌流局率が増えています。
おそらく、鳳凰卓なら面前で先制テンパイできれば追っかけリーチがかなり抑制されて一人旅になりやすく、聴牌流局という加点につながりやすいということだと思います。横移動率が低いので、その分攻めてくる人数が少ないと。
また和了時ツモ割合も高く、高打点になりやすい。
それで、面前一向聴側の局収支が増えているんだと思います。

また、先制でテンパイできなければ降りも選択肢に入る(この場合、放銃率10%以上の牌は切らずに降りる)というのもあるんだと思います。(逆に言うと従前のやつは一向聴でも全ツしてた。)
こちらは局収支に与える影響はあまり大きくなさそう(この場合、全ツとそこまで局収支は変わらない)ですが、実戦感覚としては重要になってくるでしょう。

という感じで、従前の基準よりスルー面前寄りになってるところが多いです。

次に点棒状況判断との絡みを見ていきます。
雀荘ルールの半荘収支だと点数が平らなら局収支の結果とそんなに違いはないですが、
南場・段位戦だとけっこう変わるところもあります。
分岐点がやや早まっていて、ポンテンチーテン側寄りに変わっています。
おそらく、ラス回避のために先行できる確率を上げたい→ハイリスクハイリターンなスルー面前高打点よりは低リスクなポンテンチーテン側に偏る、という感じだと思われます。

次に得点的に先行してる場合を見ていきます。
ほとんどのところが副露聴牌側が有利になっていて、かなりポンテンチーテン側に寄っています。(この傾向は段位戦だと顕著)
早上がりをして局を消化することに意義がある状況なので、この結果はまぁ当然でしょう。
2着目まで1万点なので、トップを取るにはセーフティリードとは言い難い(点数の上積みも考えたい)ですが、段位戦ならラスと3万点差でセーフティリードといえるくらいでしょう。なので、段位戦の方がより早上がり重視になっています。

次に得点的に負けてる場合を見ていきます。
鳴いて3ハンとかでも完全一向聴で平和があるなら13巡目までスルー有利、
鳴いて4ハンとかでも完全一向聴で平和があるなら序盤スルー有利、
など、スルーの範囲が広くなっています。
いわゆる打点重視の局面ですね。
この傾向は段位戦の方が強いです。(雀荘ルールだとトップまでが遠いので、局収支的に不利な選択をしづらい反面、段位戦だと3着目を逆転できないと意味ないので、どうしても局収支的には不利でも無理をしないといけない局面が多い。)

というわけで、かなり不十分な分析だとは思いますが、今日はこんなところにしたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード