*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
面前聴牌VSドラポンの押し引き(子VS子・その2)
今日は自分が面前聴牌に対し、ドラポン副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

追記・今回の内容は重大なバグがあったので、間違いを含んでいます。

前回はドラポンの打点を7700点に固定してたけど、今回はドラポンの平均打点を使っています。

○表の見方
・1行目(局収支)…ドラポン副露者の副露数

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

待ちの種類は7種類で、面前聴牌VS1軒リーチの時と同様の分類にしてます。

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない。(確定赤ドラ数0)

↓局収支
160618-01.png

↓半荘収支
160618-02.png

↓段位pt
160618-03.png

ドラポンの打点を上げた(2割くらい跳満になる)にもかかわらず、
結果はほとんど変わらないかむしろ押し気味になってます。(局収支で0点~100点くらいプラス。)
どうしてこうなった…。打点しか変えてないのに…。

7700点固定の時とドラポン平均打点の時で、ベタ降りの方は確かに平均打点の方が放銃時被ツモ時打点が上がる分、局収支は悪化しています。(100点くらい)
問題は押しの方。
放銃時平均失点と被ツモ時平均失点はそれぞれ400点・200点の悪化になってますが、なぜか放銃率と被ツモ率が0.5%くらい下がっていて、その分の影響で押しの局収支が従前の7700点固定と比べてほぼ同等かちょっと高くなってます。
うーん、0.5%くらいの減少だと誤差の範囲なんで何とも言い難いが、打点しかいじってないのに放銃率とかが下がるのはなんとも不可解。とはいえ、絶対に受け入れられないというレベルでもないしなー。
まぁこのままにしておこうか。

点棒状況判断とかの全体の傾向は前回とほぼ同じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード