*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
副露一向聴VS2軒副露の押し引き(子VS子二人)
今日は自分が副露一向聴に対し、副露者が二人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

前回までと同様、副露者は二人とも初期状態2副露固定でやっています。(もちろん、現在の巡目以降に鳴かれて3副露に変わるのは考慮している。)

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ち(受け入れ)の強さ
「完全一向聴」…両面25,58+両面25,58+シャボ(タンヤオ牌)の受け入れ
「両面×2一向聴」…両面25,58+両面25,58の受け入れ
「両面+リャンカン一向聴」…両面25,58+リャンカン357の受け入れ
「カンチャン+リャンカン一向聴」…カンペン37+リャンカン357の受け入れ

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

・2列目…打点

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分北家、副露者対面(南家)と上家(西家)
・下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自手副露数1
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化や聴牌復帰等は考慮しない。
・聴牌時に切る牌は無筋2378(対リーチ・通常副露)とする。
・自分が聴牌化した後はどの待ちでも全ツするものとする。

大体、前の面前一向聴VS2軒副露と同じです。

↓半荘収支
160605-01.png

↓段位pt
160605-02.png

面前一向聴時(面前一向聴VS2軒副露の押し引き(子VS子二人))との比較は、
副露1000点は面前1300とほぼ同等(鳴けるメリットと打点が低いデメリットが打ち消しあう?)
副露2000点は面前2600よりやや悪い(面前2600は1300より一発裏の恩恵が大きく、副露の打点低いデメリットが出やすいため?)
副露3900点は面前5200よりややよい(副露3900なら打点はそこそこ十分なので、鳴けるメリットが大きいため?)
副露7700点は面前8000よりかなりよい(同上)

中盤なら両面両面一向聴で、3ハンあれば積極的に全ツッパに近く押せる(ただし親リーが入った時はまたその時点で押し引きを考える)、2ハンでも普通無筋くらいはやや押し気味(ただし読みの要素で危険な状況であれば再考の余地あり)、1ハンは局収支的には微妙、段位pt的にはやや引き気味か。

悪形確定(カンチャン+リャンカン)なら4ハンなら押しを考える(これも読みによって覆る可能性あり)、2ハン以下で初手無筋なら降りが無難と見ます。

点棒状況判断についてはこれまでの傾向通り、対子副露ならそんなに関係ないです。

仮定として、上家は2副露なので、そこそこ鳴ける牌が出てきやすいというのはあります。これが上家が非リーチ面前ならまた変わってくるかもしれないです。

後は副露手なので、ポン材があるかどうか(両面両面一向聴→完全一向聴)も重要になってきそうな気がしますが、意外にも面前時とそんなに変わらないです。2ハン手で両面両面が完全一向聴になることのメリットは局収支で150点差くらい。
なので、今回は愚形側は全部リャンカンで統一してますが、これがカンチャン対子とかでポン材があるケースでもそんなに影響は大きくないだろうと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード