*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
面前一向聴VS2軒副露の押し引き(親VS子二人)
今日は自分が副露一向聴に対し、副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分が親)

表の見方や仮定は前回(面前一向聴VS2軒副露の押し引き(子VS子二人))とほぼ同じです。

仕掛けてるのは前回同様、対面と上家(西家と北家)とします。

↓半荘収支
160601-01.png

↓段位pt
160601-02.png

さすがに親の高打点の威力は大きく、局収支で見ると良形2ハン以上ならほぼ押し、良形1ハンでもそんなに押すのは損ではなさそうです。
ただし、上がり率より放銃率の方が大きいケースが多く、けっこうギャンブルです。振った時の打点が低いことが多い(というよりそういう仮定にしている)のでかろうじて押しの方がよくなってるという印象です。

子の時と大きく違うのは点棒状況判断について。点棒の多寡によってかなりの影響を受けます。(当然、点棒があるときほど引き気味、ないときほど押し気味)
4万点トップだと半荘収支・段位ptの差は子の時とほとんど変わらない、平らだと親でやや増、1万点ラスだと大きく押しにプラス、という感じです。
これは前の自手聴牌VS相手副露のケースで共通しています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード