*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
副露聴牌VS2軒副露の押し引き(子VS子二人)
今日は自分が副露聴牌に対し、通常副露者が二人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

前回の面前聴牌VS2軒副露同様、相手の副露数については2副露固定にします。

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び(仕掛け者は20000点持ちと10000点持ち)
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び(仕掛け者は30000点持ちと20000点持ち)

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

待ちの種類は5種類で、副露聴牌VS1軒リーチの時とだいたい同様の分類にしてます。ただし、現物待ちは関係ないのでカット。

・2列目…打点

・3列目…初手に切る牌
筋19~両無筋456までは前回までと同様。

「途中押し%」の行は中途半端押し戦略で採用したどこまで押すかのパーセント。(100%、15%、10%、5%、0%以下押しから一番平均順位のいい戦略を選ぶ。)

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分北家、副露者対面(南家)と上家(西家)
・下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自分副露数1
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない。(確定赤ドラ数0)
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化は考慮しない。
・降りに回った時は聴牌復帰の可能性はないものとする。

↓半荘収支
160525-01.png

↓段位pt
160525-02.png

面前時(面前聴牌VS2軒副露の押し引き(子VS子二人))と比較して、
特に打点が低い時は局収支でやや引き気味の判断になります。
打点の低さとけん制効果があまりないデメリットが、出やすさと途中で降りられる選択のあるメリットを上回ってる印象です。

しかし、安手愚形の半荘収支と段位pt換算で見るとほとんど変わりはないように見えます。(微差ながらプラス域)
安手愚形だと局収支でそこまで差がついてないので、より安定度の高い(低リスク)な副露聴牌にもワンチャンあるみたいな感じでしょうか。
両面だと局収支の差が大きく、半荘収支・段位ptでも面前時の方がかなり有利そう。

中途半端押し戦略ですが、全部のところが10%以下押し・15%以下押し・100%以下押しなので、対副露についてはほぼ全ツに近いです。なので、どの危険度の牌まで押すかは深く考える必要はなさそうです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード