*All archives* |  *Admin*

<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
面前聴牌VS2軒副露の押し引き(子VS子二人)
今日は自分が面前聴牌に対し、通常副露者が二人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

今回は副露者が二人いるので、それぞれの挙動(主に副露数)も重要になってくるのですが、全パターン(1~3副露の二人分で3×3の9通り)やるのはさすがにしんどすぎるので、両者とも2副露の時のみに限定して話をしたいと思います。

○表の見方
・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び(仕掛け者は20000点と10000点の他家)
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び(仕掛け者は30000点と20000点の他家)

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目
巡目は対1軒リーチと同様に戻した。

・1列目…待ちの強さ
両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

待ちの種類は7種類で、面前聴牌VS1軒リーチの時と同様の分類にしてます。

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分北家、副露者対面(南家)と上家(西家)
・下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない。(確定赤ドラ数0)

副露者が増えた以外は前の面前聴牌VS通常副露と同じ仮定です。

↓半荘収支
160519-01.png

↓段位pt
160519-02.png

対1軒副露よりは引き気味ですが、対1軒リーチよりはやや押し気味です。
副露者が二人になったとはいえ、聴牌率が50%なら牌の危険度的に実質一人リーチを相手にするのと同程度で、
かつ安手の可能性がそれなりにある(放銃時平均失点が低い)ということを考えれば妥当ではないかなと思います。

具体的に見ていくと愚形のみ手が微妙になるくらいで、良形だったり2ハン以上だったら大体押しで問題なさそうです。

点棒状況判断についてはあまり点棒の多寡については関係なさそうです。
これは対1軒副露の時と似ています。

ただし、これは単純ベタ降りとの比較しかやっていないので、
リーチかダマの判断だったり、回し打ち可能な時の判断はまた別にやる必要があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード