*All archives* |  *Admin*

<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
副露一向聴VS通常副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が副露一向聴に対し、副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

○表の見方
・1行目(局収支)…副露者の副露数

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ち(受け入れ)の強さ
「完全一向聴」…両面25,58+両面25,58+シャボ(タンヤオ牌)の受け入れ
「両面×2一向聴」…両面25,58+両面25,58の受け入れ
「両面+リャンカン一向聴」…両面25,58+リャンカン357の受け入れ
「カンチャン+リャンカン一向聴」…カンペン37+リャンカン357の受け入れ

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。
待ちが同色か他色かはとりあえず無視する(色指定なし)とします。(かなり影響は大きそうな気はするが、作業量的な問題で。)

・2列目…打点

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自手副露数1
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化や聴牌復帰等は考慮しない。
・聴牌時に切る牌は無筋2378(対リーチ・通常副露)とする。
・自分が聴牌化した後はどの待ちでも全ツするものとする。

大体、前の面前一向聴VS通常副露と同じです。

↓局収支
160513-01.png

↓半荘収支
160513-02.png

↓段位pt
160513-03.png

面前一向聴時と同じハン数で比較して(面前一向聴VS通常副露の押し引き(子VS子))、
低打点はほぼ同じくらい、高打点は明らかに面前時より押し有利です。
面前一向聴だと鳴きが効かない代わりに打点が高いというので互いに効果が打ち消しあいますが、副露手でも3ハン以上だと打点が下がるデメリットがあまりないので、鳴きが効くメリットのみを享受できるという感じです。
なお、鳴ける確率は通常の副露ロン率準拠です。なので、対リーチ時(現物待ちでも筋待ちでもない仮定だったので、リーチロン率が鳴ける確率)よりはかなり鳴きやすい状況であると言えます。自手が1副露という仮定も鳴きやすさに拍車をかけています(2~3副露よりも警戒度が下がってるので鳴きやすい)。

和了率で見ると、完全一向聴・9巡目・初手筋19・10%以下押し・対1副露の仮定で、
面前一向聴23%
副露一向聴37%
とかなりの差になってます。鳴けるので聴牌確率が高いのに加え、聴牌化した後も面前一向聴ならリーチなので、それに比べれば副露の方が上がりやすいということを反映してるのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード