*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
副露聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が副露聴牌に対し、通常副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

○表の見方
・1行目(局収支)…通常副露者の副露数

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

待ちの種類は5種類で、副露聴牌VS1軒リーチの時とだいたい同様の分類にしてます。ただし、現物待ちは関係ないのでカット。

・2列目…打点

・3列目…初手に切る牌
筋19~両無筋456までは前回までと同様。

「途中押し%」の行は中途半端押し戦略で採用したどこまで押すかのパーセント。(100%、15%、10%、5%、0%以下押しから一番平均順位のいい戦略を選ぶ。)

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数2個
・自分副露数1
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・副露者は赤入りの仕掛けではない。(確定赤ドラ数0)
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化は考慮しない。
・降りに回った時は聴牌復帰の可能性はないものとする。

中途半端押し戦略の%を別表にしてたのを、局収支等の表と同じ場所に回したので、その分、表の見た目が変わってます。
シミュレーションの仮定は大体前までと一緒です。

↓局収支
160424-01.png

↓半荘収支
160424-02.png

↓段位pt
160424-03.png

まぁ大体のところが赤色なので、特段の事情がなければ対通常副露でこちらが聴牌なら押しでよさそうに見えます。

ただ、相手が副露で、打点や聴牌の確率や押す牌の危険度が読めることもあると思うので、
もともとの押しの有利度が1000点未満(カンチャンのみ手対3副露とか役牌片上がりのみ手対2~3副露とか)で、
かつ降りに有利になるような「特段の事情」がある(打点が高い可能性が高いとか聴牌率が特に高いとか危険度が特に高いと読めるとか)なら降りもあり得るというところでしょうか。
このうち、特に重要そうなのは打点と危険度だと思います。逆に聴牌率については10%くらいとか多少前後したところで大して影響は大きくないと思います。対リーチ(聴牌率100%かつ打点も高い)で愚形のみ手だったとしても大損ではなかったので。

後は仕掛け者が1人しかいないという仮定もそれなりに影響してるかなーと思います。仕掛け者が二人や三人ならどうなるかはまぁ今後の検討課題ということで。

半荘収支や段位ptでも全部のところが押しの方が有利になってます。(微差のところもけっこうありますが。)
特に勝ってる時でもかなり押し気味なのは特筆ものです。
親リーチが来る前にさっさと流した方がいいということなんでしょう。たぶん。
リーチをかけられたらその時点で進退をまた決めればいいだけですし。(10%以下押しとかなので、終盤無筋や両無筋456を引いたら降りになる。)

中途半端押し戦略を採用していますが、
大半のところは「100%以下押し」か「15%以下押し」です。
しかし、副露者に対して危険度が15%以上になることはシミュレーション上、かなり稀です。(読みによって危険度が上がることはあるとは思いますが、そこまで難しいことはできていません。)
というのは、危険度は「聴牌率」×「聴牌してる条件下での放銃率」で定めていますが、
この数値が15%を超えることはそんなに多くないからです。

聴牌率については面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子)で載せていますが、
3副露の時でようやく85%~90%。2副露では70%がやっとです。

聴牌してる条件下での放銃率の方は↓のパラメータを使ってます。
160424-04.png
特に放銃率が高いのは生牌役牌くらいで、両無筋456ですら、10%くらいです。(副露手は愚形の確率が上がってるため?)

なので、危険度が15%を超えてくるのは対3副露の最終盤生牌役牌くらいです。
よって、対副露者に対しては、「15%以下押し」は全ツとほとんど大差ないです。
変わってくるのは残り二人の非リーチ面前者からリーチがかかった時くらいです。
リーチがかかった時は終盤の両無筋456を引いたら降ります。
実際の出力値で「15%以下押し」の降り移行率を確かめると中盤で2%くらいしかないので、影響を与えるのはかなり限られてる状況だということが分かります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード