*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS親)
今日は自分が面前聴牌で相手一人が通常副露の場合を見ていきます。(相手親)

表の見方や仮定は前回(面前聴牌VS通常副露の押し引き(子VS子))と同様とします。

↓局収支
160422-01.png

↓半荘収支
160422-02.png

↓段位pt
160422-03.png

子VS子の時と比較して、今まで以上に相手が親である影響は少なめになってるような気がします。
局収支では(子VS子との比較で)100~200点程度差で、もともとが大分押し有利だったので、ほとんど影響はなさそうです。

ただ、さすがに対親なので、ダブ東ポンでドラが使いやすそうとか、タンヤオのドラ+赤の仕掛けみたいな平均打点より高くなる要素がある場合(ドラポンについては後で別途議論するものとする)、かつ自手が愚形のみ手&相手3副露とかだと、
もともとの有利度が400点程度で、打点が平均から3000点くらいUP(これはてきとう。子で平均打点3000点強で3~5割の確率で満貫とかだと2000点UPぐらいだろうという目算。)、放銃率が20%前後なので、3000点×20%で局収支600点減。
とするなら、降りに転じる場合もありえそうです。
まぁ、相当条件が整ったとき限定の話ですが。

半荘収支・段位ptに至ってはほとんど差が出てない有様です。
理由を挙げるとするなら、降りてて連荘されるのを待つのみとするよりも、攻めて連荘阻止するのにそれなりの価値があるというところでしょうか。
上がることができればリードをつけた状態で局が1局消化できる一方、安手~中堅手の被ツモや放銃ならビハインドを背負った状態とはいえ、局が進まない→逆転のチャンスがそこそこあるという理論。
この辺は親連荘利益のあたりの話とも絡んでくるので複雑ですが、
それっぽい兆候があるデータもないわけではないです。(攻め時の局収支0点近辺だと自分親だったら半荘収支等はややマイナス、相手親だとややプラスみたいな。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード