*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
面前一向聴VS染め副露の押し引き(子VS親)
今日は自分が面前一向聴に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(相手が親)

表の見方や仮定は前回(面前一向聴VS染め副露の押し引き(子VS子))と同じです。

↓局収支
160409-01.png

↓半荘収支
160409-02.png

↓段位pt
160409-03.png

↓中途半端押し戦略どこまで押すか%
160409-04.png

対リーチとの比較は(面前一向聴VS1軒リーチの押し引き(子VS親))、子の時と似たようなもの。
2副露余りあり~3副露余りありがリーチと同等。

子対子の時との比較は、
局収支的には今までと同様、ちょっと降り気味にシフトしたような感じ。
ただし、もともと局収支の差が微差のところが多くなってるので、影響を与えるところは広くなっています(微差押し有利が微差降り有利に変わるなど)。例えば両面両面一向聴の2600点あたりとか。

半荘収支・段位ptで見ると、
特に点棒的に勝ってる時が子VS子の時との差が大きいです(相当、降り気味に働く)。対リーチの時と比較して。
子VS親に特有の問題というより、むしろ子VS子・VS染め副露の時が局収支の差ほど降り側に数値が傾いてなかったのが、差が大きくなってる原因かと思います。
そうなってる原因はよくわからないです。たぶん、どこかミスしてるとかではないとは思いますが。

というわけで、全体的には対リーチも対染め副露(2副露余りあり)も大差はないという結論です。今のところは。
これで面前一向聴VS染め副露が終わりで、次は副露一向聴です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード