*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
面前一向聴VS染め副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が面前一向聴に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

○表の見方
・1行目(局収支)…染め副露者の副露数と染め色余ってるか

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は6巡目
「中」は10巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ち(受け入れ)の強さ
「完全一向聴」…両面25,58+両面25,58+シャボ(タンヤオ牌)の受け入れ
「両面×2一向聴」…両面25,58+両面25,58の受け入れ
「両面+リャンカン一向聴」…両面25,58+リャンカン357の受け入れ
「カンチャン+リャンカン一向聴」…カンペン37+リャンカン357の受け入れ
「七対子一向聴」…生牌の孤立19牌・孤立28牌・孤立37牌の受け入れ

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。
待ちが同色か他色かはとりあえず無視する(色指定なし)とします。
和了率の値自体低いので、多分聴牌の時ほど影響は大きくないし、なにより分類するのが面倒すぎるので。
さらに、設計時のミスでそれぞれの受け入れごとに同色か他色かを区別できないようになっていた。(今のところ全部の受け入れが同色or他色しかできない。これもやればできるけど優先度的に低いので多分やらない。)

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌
「染め色・非晒」とは、染め色の数牌で、鳴きで晒されてる部分以外の牌を表すこととする。(1mの場合、123mチーや1mポンは入っていない。)
目安として「2枚見え字牌」の危険度は5%、「染め色・非晒19」の危険度は10%、「染め色・非晒456」の危険度は17%。

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、染め副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数5個(対染め手なので、安牌は十分あり、降り切れるものとする。ただし、ダマへの放銃や、他家リーチが途中で入って安牌が減る、といった影響は考慮する。)
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・染め副露者は染め色の赤確定の仕掛けではないが、染め色の赤は使える可能性があるものとする。
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化や聴牌復帰等は考慮しない。(入れるの忘れてた。まぁそんなに影響は大きくないだろう。)
・聴牌時に切る牌は染め色非晒28(対染め手)or無筋2378(対リーチ・通常副露)とする。
・聴牌したらどの待ちでも即リーチするものとする。
・鳴きは考慮しない。(ただし、16巡目以降は鳴ける牌が出たら鳴いて形テンをとるものとする。)

表の見方自体は聴牌VS染め副露の時と同じような感じです。

↓局収支
160402-01.png

↓半荘収支
160402-02.png

↓段位pt
160402-03.png

↓中途半端押し戦略でどこまで押すか%
160402-04.png

対リーチの時(面前一向聴VS1軒リーチの押し引き(子VS子))と比較して、
だいたい2副露余りありのときが対リーチの押し引きと近いです。(局収支的に。)
3副露余りありについても2副露余りありと比べてそこまで局収支が違うわけではなさそうなので、ちょっとマイナス補正をかける程度でいいと思われます。
自分聴牌の時は3副露余りありとリーチが同等だったのが、一向聴では2副露余りありとリーチが同等に変わってる理由はよくわからないです。放銃時打点はリーチと染め副露がほぼ一緒だけど、一向聴から押して上がれたときにリーチ棒収入がないから、とかそのあたり?

一方、余り牌なしのケースでは対リーチより明らかに押し寄りです。愚形確定のみ手ですら微妙なので、相当押せますね。

点棒状況判断との絡みは相変わらず微差のところが多くて何とも言えないです。(押しを選択しても、次の危険牌を引いたら降りることが多いので、収支に差がつかないことが多い。)
色分け的には若干対リーチ時より押しやすそうに見えるのですがどうでしょうか。


次は自分親のケースなのですが、なんかもろもろの問題が出てきたので、そちらの作業もやりつつになってます。
・七対子一向聴が聴牌化したとき、待ちがある程度悪い時に即リーチをかけてなかったのを、常に即リーチに修正、面前一向聴VSリーチのシミュレーションのやり直し(完了。結局そんなに違いはなかったですが。)
・自分親で連荘時の利益(+650点)をなくす作業。(今までの表の書き換え。進捗は7~8割。今のところ、部分的に結論が変わるところもありそう。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

No title
連荘時の利益はいろいろ問題があるんですね。
いくつかの記事を読んでもよくわからなかったのですが、要するに親の価値が高いときと低いときで連荘利益を変えなきゃいけないんですかね?
難しいです。

更新頑張って下さい。失礼します。
Re: No title
まとめると、
・局収支0近辺では連荘利益を全く考慮しない方が局収支と半荘収支・平均順位・段位ptのバランス的には合っていそう。(http://epsilon69399.blog20.fc2.com/blog-entry-591.html
・半荘収支や段位ptで見ると、点棒状況によって親の連荘の価値が異なる(http://epsilon69399.blog20.fc2.com/blog-entry-594.html

というところでしょうか。
正直私自身も手探りでやっててこれが絶対正解みたいな確信はないです。

局収支の計算法(連荘利益を何点にするか)は議論になるとは思いますが、
ぶっちゃけた話、局収支は見やすさや議論しやすさを重視して入れてるだけで、
半荘収支や段位ptの計算の方が、連荘の効果についても全部込みで計算できていて、正確なので、
気になるようなら局収支のところは話半分程度にしておいて、半荘収支・段位ptのところだけをチェックしていただけたら間違いはないかなーと思います。
ただし、半荘収支や段位ptについてはそれなりに誤差も大き目に見込んでいますが。

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード