*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
副露聴牌VS染め副露の押し引き(子VS子)
今日は自分が副露聴牌に対し、染め副露者が一人いるときの押し引きを見ていきます。(自分も相手も子)

○表の見方
・1行目(局収支)…染め副露者の副露数と染め色余ってるか

・1行目(半荘収支・段位pt)…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は6巡目
「中」は10巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
「三面張」「両面25,58」「無筋カン37」については染め色と同色or他色の2パターンのシミュレーションを行った。
「字牌シャボ」については染め色と同色の1パターンのみをやった。(上がるときは字牌の方が多いので、シャボの片割れが同色か他色かはそこまで影響大きくないと考えられるため。)

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

・2列目…打点
リーチロン時(一発裏ドラの影響の前)の打点

・3列目…初手に切る牌
「染め色・非晒」とは、染め色の数牌で、鳴きで晒されてる部分以外の牌を表すこととする。(1mの場合、123mチーや1mポンは入っていない。)
目安として「2枚見え字牌」の危険度は5%、「染め色・非晒19」の危険度は10%、「染め色・非晒456」の危険度は17%。

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、染め副露者対面(北家)
・上家、下家は非リーチ面前
・降り時現物数4個(対染め手なので、安牌は十分あり、降り切れるものとする。ただし、ダマへの放銃や、他家リーチが途中で入って安牌が減る、といった影響は考慮する。)
・自分副露数1
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・染め副露者は染め色の赤確定の仕掛けではないが、染め色の赤は使える可能性があるものとする。
・中途半端押し戦略を採用する。
・変化や聴牌復帰等は考慮しない。(入れるの忘れてた。まぁそんなに影響は大きくないだろう。)

表の見方とかはだいたい前の面前聴牌VS染め副露と一緒です。

↓局収支
160328-01.png

↓半荘収支
160328-02.png

↓段位pt
160328-03.png

↓中途半端押し戦略でどこまで押すか%
160328-04.png

自分は聴牌で、相手がリーチより圧の弱い染め副露なので、だいたいのところが100%以下押しないしは15%以下押しになってます。
また、今回は100%以下押しも15%以下押しも大差がありません。(聴牌不確定の分、危険度15%以上にあたる牌が少ないため。3副露余りありの終盤生牌字牌とか追いかけリーチ発生時の終盤両無筋456くらい。)
なので中途半端押し戦略の影響はさほどなさそうです。

・安手は面前時より若干降り寄り
おそらく相手が副露者で、リーチ棒収入が得られないためと思われます。(1000点が2000点になるのは大きい。)
とはいえ、微差なのでおおむね面前時と同等の判断でいいと思われます。愚形のみ手(同色待ち)の初手危険牌で微妙、他は大体押し有利で。

・ラス目時ののみ手は押しにくい。
今まではラス目なら局収支の結果よりも押し有利になることが多かったですが、今回は逆にのみ手だと微妙の範囲が広くなってます。おそらく供託棒なしの1000点を上がったところで、あまり順位向上の影響が大きくないためと思われます。(後は3着目が親番の仮定なので、被ツモで親かぶりとか、万が一の親から染め副露者への横移動とかのほうが1000点上がりよりも逆転確率が上がるとか。)
なので、点差の離れたラス目で安手の仕掛けをすること自体があまり有効でないということでしょうか。
自分の点数が高いほど劇的に押しやすくなるのは今までと同じ傾向なので、多少遅くても面前で高い手を作りに行くのが有効なんだろうなぁと推測されます。

・点棒に余裕があってもそこまで局収支ベースと判断は変わらない。
これは面前時とだいたい一緒です。


後は同色待ち他色待ちの関係についてもチェックしておきます。
160328-05.png
このグラフは待ち別の上がり率(シミュレーションによる。初手は他色無筋)です。
面前時は5%差だったのが、副露時は10%差に開いています。
これはけっこう大きい差です。
おそらく他色待ちでリーチなら染め副露者・非リーチ面前者とも止まる牌でも、副露なら両者から相当こぼれやすいということなんだと思います。(同色待ちならリーチだろうが、副露聴牌だろうが、染め色は警戒される反面)
実測は取るのは忘れたけど、てきとうに暇を見つけてチェックしておこうか。


次は自分親のケースですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード