*All archives* |  *Admin*

<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
副露一向聴VS1軒リーチの押し引き(子VS子)
今日は自分が一向聴(副露)に対してリーチ者が一人いるときの押し引きを見ていきます。

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
「完全一向聴」…両面25,58+両面25,58+シャボ(タンヤオ牌)の受け入れ
「両面×2一向聴」…両面25,58+両面25,58の受け入れ
「両面+リャンカン一向聴」…両面25,58+リャンカン357の受け入れ
「カンチャン+リャンカン一向聴」…カンペン37+リャンカン357の受け入れ

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

・2列目…打点

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、リーチ者対面(北家)(上家リーチの時は自分西家、リーチ者南家)
・対面のリーチは一発順ではないとする。
・先制リーチからの経過巡目1
・降り時現物数2個
・自手1副露
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・一向聴の時、中途半端押し戦略を採用する。「100%以下押し」「15%以下押し」「10%以下押し」「5%以下押し」「0%以下押し」の中から一番平均順位がよい戦略をとるものとする。
各戦略の目安
「100%以下押し」→全ツッパ
「15%以下押し」→終盤無筋456を引いたら降りる
「10%以下押し」→中盤以降無筋456、終盤無筋2378片筋456を引いたら降りる
「5%以下押し」→無筋を引いたら降りる。筋は押す。
「0%以下押し」→現物しか押さない
無筋引きのときは一定確率でそのまま切らずに安全度の高い牌切りになる。(聴牌は維持。メンツのスライドや待ち変えを想定。)
・途中で降りた時も聴牌復帰の可能性は0とする。
・聴牌時に切る牌は常に無筋2378とする。
・一向聴の受け入れはどれも現物待ちでも筋待ちでもないものとする。(対面リーチの時は鳴ける確率は通常のリーチロン率に準ずる。上家リーチの時はツモ切りなのでツモ率に準ずる。)
・変化(両面変化や縦引きで完全一向聴化する変化)は考慮しない。
・聴牌が入った時はどの待ちでも全ツッパするものとする。

↓半荘収支
160309-01.png

↓段位pt
160309-02.png

↓中途半端押し戦略の仮定(放銃率n%以下の牌まで押す)
160309-03.png

前回の面前一向聴の時と比較すると、自手が安手の時は局収支差がだいたい一緒くらいです。
副露だと同じハン数でも打点が低い反面、鳴けるというメリットとリーチ棒支出がないというメリットで補ってるような印象です。
これが高打点になると副露の方がより有利になってます。低確率とはいえ、鳴ける→和了率ややUPが大きいのでしょうね。

今回は副露手なので、上家から鳴ける牌が出るかどうかはおそらくけっこう重要ではないかと考えました。
というわけで対面のリーチと上家のリーチで局収支を取ってみたところ2~300点くらい上家リーチの方が局収支がよくなりました。
差が絶妙に微妙…。差があると言えばあるけど、全体の押し引き判断がそこまで変わるという感じではなさそう。
対面リーチ自手完全一向聴と上家リーチ両面両面一向聴がほぼ同等で、
対面リーチ自手両面両面一向聴と上家リーチ両面リャンカン一向聴がほぼ同等になってるので、そういう意味(形の良さでワンランク差が埋まる)では結構大きいかも。

9巡目両面両面一向聴の和了率で、
面前鳴きなし16%
副露対面リーチ(非現物待ち)18%
副露上家リーチ(非現物待ち)24%
副露対面リーチ(一方が現物待ち)22%
副露対面リーチ(両方が現物待ち)27%

こう見てみると上家リーチとか現物待ちの受けがあるとかもそれなりに影響度が高いのかな?
それぞれについて全部場合分けして表を複数作るのはしんどいのでやりませんが。

点棒状況判断があんまりいい結果でない(誤差範囲に入ってしまってるところが多い)のは面前一向聴時と一緒です。
それでも満貫手の好形なら積極的にシャンテン押ししましょう、みたいな結果になってます。

文章書いてて気づいたけど、上家(非リーチ面前者)から鳴ける牌(無筋牌)が出るということは上家は攻めてきてる可能性が高いけれど、そこはシミュレーションに加味されてないな…。(追っかけリーチ発生率とかは全体の平均値しか使ってない。)
まぁそこはしょうがないと割り切るか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード