*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
面前一向聴VS1軒リーチの押し引き(子VS子)
今日は自分が一向聴(面前)に対してリーチ者が一人いるときの押し引きを見ていきます。

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…待ちの強さ
「完全一向聴」…両面25,58+両面25,58+シャボ(タンヤオ牌)の受け入れ
「両面×2一向聴」…両面25,58+両面25,58の受け入れ
「両面+リャンカン一向聴」…両面25,58+リャンカン357の受け入れ
「カンチャン+リャンカン一向聴」…カンペン37+リャンカン357の受け入れ
「七対子一向聴」…生牌の孤立19牌・孤立28牌・孤立37牌の受け入れ

両面25,58は赤受けを考慮する。それ以外は赤受けもドラ受けもないものとする。

・2列目…リーチ時(ロン和了時、非一発裏なし時)の打点
簡単のため平和はつかないものとする。

・3列目…初手に切る牌

・マス目の中の数字…「押し時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「押し時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、リーチ者対面(北家)
・対面のリーチは一発順ではないとする。
・先制リーチからの経過巡目1
・降り時現物数2個
・自手0副露
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・中途半端押し戦略を採用する。「100%以下押し」「15%以下押し」「10%以下押し」「5%以下押し」「0%以下押し」の中から一番平均順位がよい戦略をとるものとする。(「2.5%以下押し」は見た目がぶさいくなのでやめた。筋19とか2枚見え3枚見え字牌を押すかどうかにかかわってくるけど、それらの牌を引く可能性はそんなに高くなく、2.5%以下押しをなくす影響はそんなにないと思われる。)
各戦略の目安
「100%以下押し」→全ツッパ
「15%以下押し」→終盤無筋456を引いたら降りる
「10%以下押し」→中盤以降無筋456、終盤無筋2378片筋456を引いたら降りる
「5%以下押し」→無筋を引いたら降りる。筋は押す。
「0%以下押し」→現物しか押さない
無筋引きのときは一定確率でそのまま切らずに安全度の高い牌切りになる。(聴牌は維持。メンツのスライドや待ち変えを想定。)
・途中で降りた時も聴牌復帰の可能性は0とする。
・聴牌時に切る牌は常に無筋2378とする。
・聴牌したらどの待ちでも即リーチするものとする。
・鳴きは考慮しない。(ただし、16巡目以降は鳴ける牌が出たら鳴いて形テンをとるものとする。)
・変化(両面変化や縦引きで完全一向聴化する変化)は考慮しない。

↓半荘収支
160305-01.png

↓段位pt
160305-02b.png

↓中途半端押し戦略の仮定(放銃率n%以下の牌まで押す)
160305-03.png

局収支について見ると薄オレンジ・薄青のところが結構多く、「微妙なのでわからない」の範囲が広くなってます。
半荘収支や段位ptに至ってはほとんどのところが「微妙なのでわからない」です。

こうなってしまってる原因は押し側の多くのところが「0%以下押し」か「5%以下押し」になっていて、(最初の1牌だけは押すけれど次の危険牌を引いたらほぼ降り、という戦略になっていて、)
それなら最初からベタ降りするのと戦略的にほとんど差がなく、数値的に大差がつかないということなんだと思います。
となると、現状設定してる誤差の範囲内に埋もれてしまって有用な結果が出てこないことになってしまいます。ちょっと困りました。
最初の1牌だけを押す戦略と最初からベタ降りの間では数値的にほとんど差がないので、両者の差を取ったものの誤差範囲も従来の理論(局収支部分誤差と次局以降部分誤差を合体させる感じ)よりはかなり縮まるとは思うのですが、どういう理論にすればそういうことを具体的に記述できるかがちょっとわからないです。

とりあえずいまのままの誤差範囲でも結論が出せるところだけをピックアップしてみます。(局収支についてのみ。点棒状況判断は誤差を大きく取りすぎてて無理になってる。)

・完全一向聴で2600以上なら筋までは押しが有利。通常無筋もやや押せるし、5200以上なら積極的に押すべき。
・両面両面一向聴だと完全一向聴より若干条件が悪いが、5200以上ならまだ通常無筋を押せそう。ただ、聴牌時切る牌を一律で無筋2378にしてるけど、安牌を切れる場合はまた変わってくるかも。
・両面リャンカン一向聴はさらに条件が悪くなるが、それでも8000以上なら通常無筋を押せそう。
・カンチャンリャンカン一向聴はもっときつい。この形から両無筋456を打つのは大体NG
・七対子一向聴はカンチャンリャンカン一向聴よりちょいプラス補正程度。

ここまで書いててマジですか、という感じ。自分が普段打ってる時はここまで押さないんですけれど…(一向聴から無筋を押す気にはなかなかなれない。)

まぁここまでの話は正しくどこまで押すかを選択できることが前提になっています。
この選択をミスって(押してはいけない牌を押したり、引くべきでない牌を引いたり)した場合どうなるか。
あんまり今まで一向聴の上がり率等のデータを出したことがなかったと思うので、それを見せる意味も兼ねて。
以下は両面両面一向聴で3ハンのケースとします。
160305-04.png
100%以下押し。
9巡目和了率16%、放銃率27%。
そこそこ上がりの可能性があるが放銃率もかなり高い。
160305-05.png
10%以下押し。(平場での「最善の戦略」としている)
9巡目和了率14%、放銃率19%
全ツから比べて和了率-2%、放銃率-8%になってる。
160305-06.png
0%以下押し。
和了率7%、放銃率8%。
160305-07.png
各戦略の局収支を比べたもの。
この場合やはり「10%以下押し」が全般的に優秀に見えるが、序盤で下手に引きすぎたり(0%以下押し)、終盤で押しすぎたり(100%以下押し)しない限りはそこまで深手にはならない様子。
逆にそういう大失敗をやらかすと局収支数百点くらいの不利にはなってしまう。


さて。誤差の問題に妙案が浮かばないけれど、残りの自分親と相手親のケースも出してみようか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード