*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
対2軒リーチに副露聴牌追っかけ(子VS子二人)
今日は自分が副露聴牌で相手二人がリーチしてるときの押し引きを見ていきます。
今回から表の構成を変えて、
大見出し:待ちの強さ
中見出し:打点
小見出し:初手切る牌
にしています。

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…初手に切る牌
両者に対して同じ危険度の牌を切るものとする。(無筋2378なら両者ともに無筋の牌)

片方に現物、片方に無筋みたいなケースはその中間(例えば両者に筋2378等)で近似してみてください。

・2列目…リーチ時(ロン和了時、非一発裏なし時)の打点

・3列目…待ちの強さ
現物待ちではないものとする。
(現物待ちはリストラした。対2軒なのでそこまで頻度も影響も大きくないと思われるため。)

・マス目の中の数字…「リーチ時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「リーチ時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きくリーチ寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分北家、リーチ者対面(南家)と上家(西家)
・対面のリーチは一発順ではないが、上家のリーチは一発順とする。
・先制リーチからの経過巡目1
・降り時現物数2個
・自手1副露
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする
・中途半端押し戦略を採用する。「100%以下押し」「15%以下押し」「10%以下押し」「5%以下押し」「2.5%以下押し」の中から一番平均順位がよい戦略をとるものとする。(前までは2%区切りにしてたけど、細かすぎても実用性がないので、5%区切りに変えた。)
各戦略の目安
「100%以下押し」→全ツッパ
「15%以下押し」→終盤無筋456を引いたら降りる
「10%以下押し」→中盤以降無筋456、終盤無筋2378片筋456を引いたら降りる
「5%以下押し」→無筋を引いたら降りる。筋は押す。
「2.5%以下押し」→筋19、3枚見え字牌、中盤までの2枚見え字牌しか押さない
無筋引きのときは一定確率でそのまま切らずに安全度の高い牌切りになる。(聴牌は維持。メンツのスライドや待ち変えを想定。)
・途中で降りた時も聴牌復帰の可能性は0とする。(ここも従前から変更。最初からベタ降りのときだけ聴牌復帰の可能性を0とするのは不公平だとおもったので。たぶん大きな影響はないと思われる。)

↓半荘収支
160228-01.png

↓段位pt
160228-02.png

↓中途半端押し戦略の仮定(放銃率n%以下の牌まで押す)
160228-03.png

良形については(だいたい全押しとか15%以下押しくらいで)だいたい面前聴牌の時と同程度になってます。安手で両無筋456押しはちょっときついが、それ以外は押してもいいくらい。

愚形についてはけっこう点数や点棒状況によってどこまで押すかがけっこう変わります。それだけ判断が微妙なケースというわけだと思います。
パッと見の感じだと
・安手愚形で(両者に)無筋は押せない。
・高打点でも段位戦なら(両者に)両無筋456は厳しい。
・筋19までは安くても押せる。
・微妙なのは安手筋2378(片方に通常無筋、片方に現物もこれと同程度と思われる。)とか中堅手無筋2378あたり。

なお、面前聴牌の時より大差(今回取ってる誤差より大きい差)の局面が少ないのは、中途半端押しなので特にn%以下押しの数値が小さいところでは、最初からベタ降りと、初手は押すけど次の危険牌を押すかわからない、の間の戦略の違いがあまりないためだと思われます。なので両者の数値の差が小さくなる傾向にあります。

点棒状況判断については面前聴牌の時ほど影響は大きくない、つまり局収支での結果が覆ることが少ないということになってます。
勝ってる時は面前聴牌だと危険牌を押してしかもリーチをしないといけないのに対し、副露聴牌は1牌だけ押してみて次の牌によって進退をまた選択することができるということが理由の一つであると思われます。
負けてる時は安手だと面前聴牌と違って一発や裏ドラやツモで高くなる要素がないので逆転手ではなく、局収支の不利を押してまで突っ込んでいい局面が少ないためだと思います。


ここからは余談。
先日、シミュレータをバージョンアップしました。(計算方法が変わったとかはない。)
内容は
・前までは1個の場況を逐一入力して集計ボタンを押す必要があったが、一部の入力値についてテキストファイルから読み込んで連続してシミュレーションができるように改造した。
・コンボボックスについてリストからの選択のみにして、ユーザーからのキーボード入力ができないようにした。

2個目はどうでもいいですが(いやバグ防止のためには全く不要というほどではないですが)、1個目によって作業環境が劇的に向上しました。
待ちの種類を7個から5個に減らしたというのもあるけれど、シミュレーションにかかる時間が体感で半分以下に減った気がします。
前まで表1個作るのに2~3日かかってたのが、今日のは1日でできました。(どこまで押すか%の選定にもう1日使ってますが。)
自動化最高ですね。
ただ、ごくたまーに途中で集計が途中終了してしまうバグがまだ残ってるので、一括集計に頼り切るのはまだちょっと不安。今のところは打点と初手切る牌別の4×4で16回の一括集計にとどめてはいる。分量にして15分~20分くらい。すべての仮定を読み取り用テキストに書き出して、一晩寝かせておいたら次の日に全部集計が終わってる、というレベルには達してない。うーむ、バグの原因が分からんからなー。TryCatch構文でエラーの分析をするみたいなコードを書いてないからなー。もうちょい勉強せんといかんかなー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード