*All archives* |  *Admin*

<<02  2017/03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  03>>
現物待ちリーチ判断
今日は自分が面前聴牌で、先制リーチ者の現物待ちになってるとき、リーチするかダマにするかの判断を見ていきます。

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び
「局収支」は「南1・平ら」のケースの局収支を参照する。(点棒状況によってどの程度の危険牌まで押すかが変わってくる。)

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…初手に切る牌
常に無筋2378とする。
(他の危険度の牌でもちょっとやってみたけど結果に大差はなかったので。手抜き。)

・2列目…打点
ダマにした時のハン数で数えている。符数はロン40符、ツモ30符+1ハンとする。
「1ハン」なら子でダマロン1300・ダマツモ2000(500・1000)・リーチロン2600・リーチツモ4000(1000・2000)のケース(タンヤオでドラ0など)

・3列目…待ちの強さ
「三面張」「両面25,58」は枚数不問とする。
「カン37」は残り3枚と残り2枚の2種類でやった。(現物待ちなのでmax3枚)
カンチャンなら待ちが1種類なので、その上がり牌が現物のケースで問題ないですが、三面張・両面についてはどの牌が現物になってるかは問わないものとします。(25m待ちのとき、2mだけが現物or5mだけが現物or2mも5mも現物、のいずれかになってるかは問わない(不明とする)。関連するパラメータは「現物待ち他家ノーテン者から1順当たりロン率」だが、現物待ち全体の平均値を取っている。)

・マス目の中の数字…「リーチ時収支」-「ダマ時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。
半荘収支はオカ20000点ウマ10-30、段位ptは鳳凰卓七段配分。

・マス目の色分け…「リーチ時収支」-「ダマ時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きくリーチ寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きくダマ寄りの判断。
局収支は赤と青の境界は400点差(期待値指標差5%相当)、オレンジ黄緑の境界は240点差(期待値指標差3%相当)

○ほかのシミュレーションの仮定
・リーチ者対面(対面で、自分4万トップ目なら2万点持ちの3着目から、自分1万のラス目なら3万点持ちの2着目からのリーチ)
・一発順ではない。
・先制リーチからの経過巡目1
・降り時現物数2個
・自手0副露
・自手赤ドラ数0
・ダマの時、中途半端押し戦略も加味する。
(「100%以下押し」「16%以下押し」「14%以下押し」「12%以下押し」「10%以下押し」「8%以下押し」の中から一番平均順位がいい戦略を選択する。この判断は点棒状況・ハン数・良形(三面張・両面)or愚形(カン37残り3枚・残り2枚)によって変える。
・ダマの時、メンツのスライドや待ち変更の手替わりによる危険牌切り回避を考慮する。
・ダマから降りに回った後、一定確率でテンパイに復帰する。

↓子VS子半荘収支
160215-01.png

↓子VS子段位pt
160215-02.png

↓親VS子半荘収支
160215-03.png

↓親VS子段位pt
160215-04.png

↓子VS親半荘収支
160215-05.png

↓子VS親段位pt
160215-06.png

表を見た感想・分析
・局収支についてみると、愚形は基本ダマ。良形2ハン以下はリーチ、3ハンは自分親ならリーチ、子なら微妙。4ハンはややダマ寄り~微妙くらい。
・相手が子リーチか親リーチかはそこまで影響大きくない。自分が親かどうかは若干変わる。(高打点良形のケースなど。)
・序盤ほどダマが有利になりやすい。(現物が少ないので他家ノーテン者から切られやすい。序盤なら和了時ツモ割合2割を切ってるが、終盤だと25%超えてくる。)
・トンパツ・南1平らの半荘収支は大体局収支の結果と一致している。段位戦は局収支よりややダマ寄りになってる。(ラス回避のため、リーチの高打点よりダマの高和了率が欲しいためか。)
・点棒状況による影響はかなり大きい。特に段位戦。(たぶん通常の対リーチ押し引きよりも影響大。)点棒があるなら安手良形でもほぼダマになる反面、点棒がないなら安手愚形でもリーチいけるケースがある。(さすがに高打点愚形はダマだが。)

こんなところでしょうか。

一個注意点として、この判断はリーチorダマの判断のみをやってるので、降りとの比較はまた別途必要になるという点があります。
前の面前聴牌VS対1軒リーチ押し引きの表も参考にするといいかと思います。
(初手通常無筋でリーチ2600以上なら大体リーチで押せる(リーチの局収支の方が降りの局収支より高い)ので、良形2ハン以下ならリーチが最優秀、愚形なら聴牌取りダマが最優秀になると思われる。
初手両無筋456で残り2枚カン37のリーチ2600点ダマ1300点なら「リーチ」-「降り」の局収支が-91点、「リーチ」-「ダマ」の局収支が-389点なので、最優秀になるのは聴牌取りダマと思われる。次点が降りで、リーチが一番悪そう。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード