*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
対1軒リーチに追っかけ副露聴牌(子VS子)
前回は自分リーチVS相手一人リーチをやったので、今回は自手が副露聴牌(子VS子)のケースです。

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び
「局収支」は「南1・平ら」のケースの局収支を参照する。(点棒状況によってどの程度の危険牌まで押すかが変わってくる。)

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…初手に切る牌
初手現物だと常に押しの方がいいので(現物だけ押して他は降りるという戦略がベタ降りに優越する)、現物の代わりに筋19にしときました。

・2列目…打点
ツモもロンも30符とする。

・3列目…待ちの強さ
枚数について不問とする。
「両面25,58」については赤受けを考慮する。
それ以外はドラ受け・赤受けはないものとする。
「三面張」~「役牌片上がり」は先制リーチの非現物待ち、「両面現物待ち」「愚形現物待ち」は先制リーチの現物待ち
「両面現物待ち」は両面25,58、「愚形現物待ち」はカン37
(現物待ちと役牌片上がりを追加して、筋待ちと両無筋カン46と2枚見えカン37をリストラした。)

・マス目の中の数字…「リーチ時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt
局収支は1点。

・マス目の色分け…「リーチ時収支」-「降り時収支」の値の評価
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きく押し寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。
局収支は赤と青の境界は400点差(期待値指標差5%相当)、オレンジ黄緑の境界は240点差(期待値指標差3%相当)

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、リーチ者北家(対面で、自分4万トップ目なら2万点持ちの3着目から、自分1万のラス目なら3万点持ちの2着目からのリーチ)
・一発順ではない。
・先制リーチからの経過巡目1
・降り時現物数2個
・自手1副露
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする。
・押す時、中途半端押し戦略も加味する。
(「100%以下押し」「16%以下押し」「14%以下押し」「12%以下押し」「10%以下押し」「8%以下押し」の中から一番平均順位がいい戦略を選択する。この判断は点棒状況・ハン数・良形(三面張・両面・字牌シャボ・現物待ち)or愚形(無筋カン37・役牌片上がり)によって変える。初手に切る牌についてはどの牌の時も共通の判断とする。(作業量短縮のための省エネ))

↓半荘収支
160201-01.png
↓段位pt
160201-02.png

まず驚くのは局収支のところで、ほとんどのところがプラスになってること。
この数字は押しの局収支から降りの局収支を引いたものです。降りの局収支は-1400~-1500くらい(ベタ降り失敗率5,6%程度を見込んでる)なので、ほとんどの局収支はプラスか、マイナスでも-1400より小さいということです。
一番やばそうな初手両無筋456、愚形1ハンのケースでもトントン(押しの局収支も-1400前後)になってます。恐ろしい世界ですねー。もっと降り有利な感覚を持っていたんですが。
なお、愚形1ハン、南1・平らで選んでる戦略は「14%以下押し」です。中盤以降両無筋456は押さない戦略なので、そこまで放銃率がバカ高くならない(とはいえ20%強はありますが)、途中で降りに切り替える可能性があるので、最初からベタ降りと数値的に差が付きにくいというのがあると思います。

トンパツと南1・平らについてはだいたい局収支がプラス(降りより上回ってるという意味で)なら半荘収支・段位ptもプラスになってると思います。平場と考えていいということでしょう。
他の点棒状況についてもリーチの時以上に押し引き判断への影響は少なくなってます。(どの点棒状況でも大概押すのがよさそう)

負けてる時で安手のケースだと逆転手でなく、放銃したら3着がかなり遠くなる一方、被ツモでも3着と1万点差をキープできるので、無理は禁物、というところでしょうか。
勝ってる時はもうちょっと引き気味だと思ったけど、詳しい理由はよくわかりません。局収支500点差くらいなら微妙だけど、局収支で1000点差とかだとかなり大差で、点棒状況があっても覆しづらいということでしょうか。

ルールの影響(半荘収支or段位pt)もリーチの時と比べてそこまで大きくないように見えます。

待ちの良さは「三面張」>「両面25,58」>「字牌シャボ」>「無筋カン37」>「役牌片上がり」の順。
「両面現物待ち」は三面張と同等か少しいいくらい。
「愚形現物待ち」は両面と字牌シャボの中間くらい。
どちらも序盤の方が現物待ちの効果は高いです。

打点と待ちの強さのバランスについては、
1ハンと2ハン間は1000点しか違わないので差が小さく、2ハン3ハン間と3ハン4ハン間はそこそこ差が大きいです。
平場で切る牌の危険度が同じなら
1ハン良形>2ハン愚形
1ハン良形<3ハン愚形
2ハン良形>3ハン愚形
2ハン良形<4ハン愚形
3ハン良形≒4ハン愚形
になってます。

初手に切る牌の影響は待ちや打点に比べると控えめです。
とはいえ、局収支で数百点規模の変動があるので無視できるほどではないですが。

誤差評価(色分け基準)についてはリーチの時と同じとしてますが、
局収支と比べてかなり保守的な基準を取っています。(「微妙なのでわからない」の範囲が広い。)
半荘収支と段位ptの方は局収支の誤差からくる部分に加えて、次局以降部分からくる誤差も加えてるのが原因になってます。

考えの中に浮かんだから誤差に含めておいたけど、これだと「微妙なのでわからない」の範囲が広すぎて実用に耐えないんじゃね?と思う今日この頃。特に明らか降り有利という範囲がないのはちょっとどうかな…と思う。もうちょっとなんとかならんか。

次局以降部分誤差を排除する(局収支部分の誤差だけにする)と、局収支1000点分が半荘収支3pt、段位pt6ptくらいのずれにつながるから、400点分が1.2ptor2.4pt、240点分が0.7ptor1.5ptに相当すると。このラインでいければ楽なんだけどなぁ。

うーん。局収支が似たようなものなら次局以降の挙動なんて似たようなものになりそうだからそんなに誤差は出ないとは思うんだけどなー。でも、ちゃんと理論武装してないのに勝手に誤差を排除するわけにもいかないし。
それとも全く別のアプローチが必要なのかなぁ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード