*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
対1軒リーチに面前追っかけリーチ(子VS子)
前回までが先制のケースを見てきたので、今回からは後手のケースをやっていきます。
まずは相手(一人)・自分ともに子でリーチのケースです。

分類の仕方は親子・巡目・点棒状況・待ち・打点・初手に切る牌です。ほんとはこれに一発の有無とか先制リーチ者に対する現物の個数とかも入れたかったのですが、現状でも分量が相当数になってるので、これだけの分類にしときます。

○表の見方
・1行目…点棒状況。
「トンパツ」は残り局数8で全員原点
「南1・4万・トップ」は40000・30000・20000・10000の並び
「南1・平ら」は残り局数4で全員原点
「南1・1万・ラス目」は10000・40000・30000・20000の並び

・2行目…巡目
「序」は5巡目
「中」は9巡目
「終」は14巡目

・1列目…初手に切る牌

・2列目…リーチ時(ロン和了時、非一発裏なし時)の打点

・3列目…待ちの強さ
「2枚見えカン37」については残り枚数2枚のカン37待ち。
それ以外は枚数について不問とする。
「両面25,58」については赤受けを考慮する。
それ以外はドラ受け・赤受けはないものとする。
「筋カン28」は自分も相手もともに筋になってるときを想定している。

・マス目の中の数字…「リーチ時収支」-「降り時収支」の値
単位は半荘収支・段位ptとも1pt

・マス目の色分け…「リーチ時収支」-「降り時収支」の値の評価
詳しくは後述。
色が濃い赤に近いほど数値のプラスが大きくリーチ寄り、濃い青に近いほどマイナスが大きく降り寄りの判断。

○ほかのシミュレーションの仮定
・自分南家、リーチ者北家(対面で、自分4万トップ目なら2万点持ちの3着目から、自分1万のラス目なら3万点持ちの2着目からのリーチ)
・一発順ではない。
・先制リーチからの経過巡目1
・降り時現物数2個
・自手赤ドラ数0
・自分の降り時聴牌復帰・上がりの可能性は0とする。

↓が半荘収支
160122-01.png
↓が段位pt
160122-02.png

一つ注意点として、
今回の比較は単純に即リーチとベタ降りの間の比較のみやっているので、第三の選択があるときはまた別の比較が必要になるということです。(今回の結果のみをもって最善の選択を取れるとは限らない。)
具体的には
・比較的安全な牌を切って聴牌は取るけどダマにして危険牌を引いたら降りるという戦略
・役有りで先行リーチ者の現物待ちに取れる場合。
のときです。

現物待ちについては別の機会にやる予定にはしてます。
取りダマについてはやるかどうかはまだ決めてません。


表の分析や感想
・第一に自手の待ちの良さ、第二に自手の打点。この二つの要素が一番大きい。
・初手に切る牌、点棒状況、ルール、巡目も多少は影響するけど、自手の形と打点ほどの影響度ではない。
・聴牌さえしていればたとえ愚形のみ手だろうがそこまで損は大きくない(-1ptとか‐2ptくらいでどちらかと言えば損だけど)。それより良形のみ手の時にひよって引いてしまう方がよっぽど損が大きい(3ptとか5ptとかいうレベルで)。
・さすがに残り2枚の超愚形はかなり厳しい。それでも平場5200以上とか負けてる時の2600以上なら十分勝負になる。(筋2378を切るとき和了率と放銃率がほぼ同じの計算)
・段位戦で勝ってる時は点棒を上乗せするメリットがあまりないので、高打点も低打点も判断がそこまで変わらない。高打点愚形は降りる方が無難。良形なら低打点で攻めてもそんなに問題ではない。
・1対1のめくりあいの様相が強いので字牌待ち・筋待ちのメリットが薄い。普通の両面と普通の愚形の中間くらい。

わりと面前聴牌同士なら簡単ですね。よっぽど引きたい状況でなければ押してもそこまでひどくない。
パッと見で思いついたのはこれくらい。たぶんもっといろいろ情報は詰まってる。

また、この表を使えば単なる押し引きだけでなく、聴牌時待ち受け判断にも使えます。

○危険牌切り良形聴牌VS安全牌切り愚形聴牌
同じ打点なら愚形が初手現物、良形が初手両無筋456でも良形有利。(ただし、現物切って聴牌どりダマテンというのもあり得るのでそことの比較はこれだけでは不明。)

○良形低打点聴牌VS愚形高打点聴牌
1ハン差なら良形、2ハン差なら愚形の方が有利のことが多い。これにルールと点棒状況の分を適度に調整すればよいと思う。(勝ってる時は良形重視、負けてる時は打点重視)

○危険牌切り高打点VS安全牌切り低打点
2ハン差ならさすがに危険牌切り側有利か。1ハン差なら元の打点とか点棒状況やルールにもよる。結構微妙。

実戦ではこれらの要素が組み合わさることもあると思いますが、大体のケースは表の数値を比べれば比較できるはずです。
それぞれの牌姿・点棒状況でぜひ検討してみてください。


これで子VS子が終わり。親VS子と子VS親が残ってるのでこれで3分の1ですね。まだまだ先は長い。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード