*All archives* |  *Admin*

<<06  2017/07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
半荘収支・平均順位・段位ptの実測とシミュレーションの比較その2
点棒状況判断に、残り局数と現在順位別で打点に補正をかけるのとオーラスラス目の子がラス確和了を避けるのを組み込み終えた。
これで再度、シミュレーションを回して実測との比較をします。
151228-01.png
ファイルのサイズ・画面の大きさがえらいことになってたので、今回はサムネイル表示にしてみた。
表の見方・前提条件は前回の記事(半荘収支・段位ptの実測とシミュレーションの比較平均順位の実測とシミュレーションの比較)を参照のこと。形式は前回と全く同じです。

前よりは誤差が小さくなっててカラーで塗ったところがやや増えています。
まだ誤差がでかいところ(平均順位誤差0.05より大)は次のところです。

・オーラス→これはもうしょうがないです。他家との実際の点差や位置関係などの影響をもろに受けて歪みが大きい。
・2着目残り局数2で点棒が多い状況→トップと僅差で、3着目ラス目と大差の状況(ラスの心配がほぼない)なので、実際には2着目が通常よりもトップ狙いにくる。(安手上がりをあまりしない。)反対にシミュレーションでは2確和了をかなりの頻度でやってしまう。ここら辺の齟齬が誤差の数値に表れてる。条件的に特殊なのでここもしょうがないかな。
・残り局数6・5・3・2の断ラス→東1で南家という仮定なので、親番が少ないから?実際に半荘開始時の席を変えると↓のように平均順位で0.05の差がつくことはよくあることです。それでもまだシミュレーション側の方が悪く見積もってるということですが。となると、オーラス以外でも高打点で逆転を狙いに行くという傾向を踏まえた方がいいのか。一応、ラス目の上がり時ハン数が大きくなる補正は織り込んでいるけれど、それではおそらく足りてないと。「断ラス」(例えば3位と8000点以上差)だけ条件を変えて各パラメータを再集計してみるとか。結構難しそうだけど。
151228-02.png

現状微妙に問題はありそうだけども、そこ以外は誤差的に問題なさそうなので、誤差が一定以下の部分のところをカウントしていきます。(オーラスだけは除外する。)
151228-03.png
半荘収支だと3以下が全体の99%。2以下でも87%なので、大体誤差が2程度に収まると言ってもいいかな?
平均順位だとラス目の部分が合わないのが響いてて、誤差0.05以下になるのが全体の89%。もうちょっとなんとかならんか…。ラス目時を除くと0.05以下が全体の97%でかなりいいんだけど、ラス目だけ外すわけにもいかないし。
段位ptだとこれもラス目の部分の影響で誤差3以下が全体の83%。これもなんとかならんもんか。

次局以降の部分だけでもこれだけの誤差が出るので、実際は局収支部分(現局部分)の誤差もプラスされます。局収支の誤差が500点とすると今回の1000点刻みの数値から考えると1000点の半分で平均順位で0.03程度にはなってきそう。すると単純計算で全体で誤差0.08は見ないといけないということになってきそうです。
これはきついな…。両面のリーチ判断くらい大差がつく局面ならこれでもいいだろうけれど、押し引きとかだと0.08はちょっと広すぎない?と感じてしまう今日この頃。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード