*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
実測シミュレーション比較まとめその2+対リーチ・副露の打点比較
実測とシミュレーションの比較まとめの前回の記事についてちょっとミスが見つかったのでそれの直しと、
前回は期待値指標差2%以内と5%以内でやっていたのを3%以内も追加してみました。
151221-01.png
サンプル数1000以上あるところで、実測とシミュレーションの期待値指標の差が3%以内なのが全体の84%。
2%以内が66%というよりは説得力がありそうで見栄えもいいと思われます。5%以内が97%というのも十分いいのですけど。


今日2つ目のテーマ。
表ドラの情報なしの放銃時失点のシミュレーションについては今ある分を回すだけなので、実測との比較をやっておきます。
151221-02.png
上の方は前回(リーチと通常副露の見えてるドラ枚数別打点)の表そのまま。
表ドラの情報を使えないので、ドラ種類・見えてる表ドラ枚数の分をサンプル数で重みをつけた加重平均を取ったのが、下から2行目の「実測平均」の行(赤については考慮できるので分ける。)
その下の「シミュレーション」がシミュレーションを回して放銃時の失点の平均値を出したものです。(自手副露聴牌・対面リーチ・他二人降りの仮定のもと。)

表ドラの情報なしの平均値で見ると実測とシミュレーションを比較して差は500点以内なので、まぁこんなものかな、と思います。
問題は表ドラの情報を入れるかどうか。
もちろん情報を入れればより詳しくなりますが、細分が多すぎて議論が発散してしまうという問題があります。
なんで、一応パラメータだけは取ってありますけど、シミュレーションに入れるのはやめとくことにします。
対リーチだとそこまで表ドラの情報が違ってても打点への影響は少なそうですし。
151221-03.png
こちらが対副露のケース。
確定ドラ0で見えてる赤が0~3枚の場合と、確定赤1のケースを調べておきます。(確定表ドラ1は現状できない。)

すると、なぜかシミュレーションの方が低めの値が出てる。
シミュレーションのパラメータ(被和了時赤一発なし打点分布)では通常副露と染め副露を分けてる一方、今回の実測データは特に染め手を除外するとかいう処理をやっていないので、その分の差で実測の方が高めに出るということだろうか。(高い手になりやすい染め手が混じるので。)

なぜか赤3枚見えの放銃時失点が2枚見えとかより高く出てるけど、これはたまたまかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード