*All archives* |  *Admin*

<<10  2017/11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>
喰いタン風仕掛けの定義
今日からは喰いタンについてやっていきます。

他家の仕掛けが喰いタンかどうかを判定することについてですが、
まずは一番簡単な定義で見ていきます。

(1)1副露以上してる
(2)晒してる牌が全部タンヤオ牌

この2条件に当てはまっていれば「喰いタン風仕掛け」と判定するものとします。

まず言えるのが、実際に喰いタンの手牌であれば必ず「喰いタン風仕掛け」に当てはまります。
晒してる牌にタンヤオ牌以外があれば喰いタンではないためです。
なのでこの「喰いタン風仕掛け」の定義は実際の喰いタンをすべて網羅しています(網羅率100%)。

次に調べるのは「喰いタン風仕掛け」の時に実際に喰いタンの手牌になってる確率です。
最終の上がり形を見て喰いタンになってるかを判別します。
(なお、喰いタンであるとはすべての牌がタンヤオ牌ということにしていますので、ほぼ100%タンヤオの役がつきますが、唯一の例外として発のない緑一色は役としてはタンヤオがつきませんが、これも喰いタンであるとみなします。まぁレアケースなので問題はないでしょう。)
151201-01.png
一番左がすべての副露和了のうち、喰いタン和了の割合です。
副露数が少ないほど、巡目が遅いほど喰いタン割合は多いです。
これは役牌や染め手なら序盤の遠い手からでも仕掛けやすい(相対的に面前だと厳しい)一方、タンヤオは序盤なら面前リーチを見たい局面が多いため遠い手からは仕掛けることが少ないためと思われます。

一番右がすべての副露和了のうち、「喰いタン風仕掛け」の和了の割合です。
喰いタン和了より「喰いタン風仕掛け」和了の方が範囲が広いので数値が若干大き目になってます。

真ん中が一番の問題になってる「喰いタン風仕掛け」の和了時に実際に喰いタン和了になってる確率です。
1副露だと7割、2副露だと8割、3副露だと9割が実際に喰いタンの手牌になっています。
残りの3割~1割は大半が役牌で、後は三色一通チャンタトイトイあたりでしょう。

この7割~9割という数値をどう評価するかです。
もうちょっと切り順とかの条件をきつくして7割からもっと精度上げてくこともできるのですが、正直7割もあれば十分かな、とは思ってます。
なので、この定義のままでパラメータ取りをやっていこうかとは思います。

今のところ取る予定にしてるパラメータ
◎打点関連(手役数とドラと赤の枚数)
・聴牌率
◎放銃率(すでにとってある)
◎ツモ牌区分
・聴牌時ツモ率ロン率
・不聴者のチーポン発生率

◎はおそらく必須。特に打点関連は重要です。
・に関してはたぶんそんなに重要じゃないと思ってます。(通常副露と大差ないと予想してる。)
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード