*All archives* |  *Admin*

<<03  2017/04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
副露VSドラポンの実測とシミュレーションの比較
今日もドラポンに関して実測とシミュレーションの比較をやります。
自手が副露聴牌で相手がドラポンのケースです。

前回ドラポンのパラメータ関連でちょっと気になる点がある、といったことを書いたと思いますが、もう一度比較したのを見直してみるとそこまでおかしいという感じでもないので、このままでいいかな、といったことを思ってます。
(本音は手直しをやるのも面倒だし、直したことでまたシミュレーション結果がずれると厄介だというところですが。)

とりあえず今日のところはシミュレータは手直しせず前回のままのを使います。

いつものように初手が当たらなかったケースについて考えるものとします。
また、自手副露聴牌なので中途半端押し戦略を取るものとします。
jissokuVSsimyu151127-01.txt
左が実測、右がシミュレーション。
シミュレーションする際の自手の副露数は1副露としました。実測の方は自手副露数は問わないものとしてます。(相手副露数については分類してます。)

ふつうの副露聴牌VS副露のときより聴牌崩し率が高い→中途半端押し戦略の「n%以下押し」のnの値が小さくなってます。

全体的に眺めてると放銃率が若干高め(1%程度)に出てる傾向が見えます。
考え付いたのは手替わりについて「リーチ者なし」の状況下での手替わり率を使っていて、リーチ者ありの時みたいに危険牌をツモって安全な牌と取り換えるみたいな特別な操作をしていないといった点くらい。
とはいえ、この程度なら流してもいいかなーとは思います。

後は三面張が和了率があまり合ってない(高め傾向)。これは若干やばそうで、かつ改善案が思いつかない。ただ、観測回数が少ないせいにしてもいいかもしれない。
役牌片上がりの対2副露もけっこうやばい。これも観測回数が少ないせいにしようか。役牌片上がりというのはけっこう特殊なのでなにか考慮しきれてないところがあってもおかしくはない。例えばドラポンが19オタ風だったら役牌が普通よりかなり出づらいとか。

とまぁ個別的にケチがつくところはあるのですが、全体的に見ればそこまで悪くない。
サンプル数400以上ある185か所のうち、期待値指標差2%以内が98か所(全体の53%)、5%以内が177か所(全体の96%)
サンプル数1000以上ある70か所のうち、期待値指標差2%以内が41か所(全体の59%)、5%以内が70か所(全体の100%)

これなら副露VSドラポンは問題なしとして次に行ってもいい気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード