*All archives* |  *Admin*

<<05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
ドラポンの聴牌率・出にくさ
今日のテーマはドラポンについて。

一般にはドラポンは手が整ってないところからも鳴きやすいので、聴牌率が低いというのがよく言われることですが、どうでしょうか。
151103-01.png
上の4つが非ドラポンの聴牌率で、下3つがドラポンの聴牌率。
左から「リーチ者なし」、(これ以降リーチ者あり)「無筋0現物0」「無筋1現物0」「無筋2現物0」「無筋0現物1」…「無筋2現物2」
リーチ者の有無とリーチ者に対して切ってる無筋と現物の枚数別です。

リーチ者なしの状況で比べてみると、たしかにドラポンの方が聴牌率は低そうですが、その違いはわずかです。
終盤では染め手等の高打点仕掛けに対して非ドラポンは手を曲げる可能性がある分、むしろドラポンの方が聴牌率は高いです。

リーチ者ありの状況でもさして変わりはないですね。

聴牌率よりも重要そうなのが、出上がり率。
自手がドラポンならロン和了率ですし、他家がドラポンなら横移動率になります。もちろん自手が非リーチのときはどこまで押すのかの基準も変えないといけないでしょう。
151103-02.png
大体、非ドラポンの1順当たり出上がり率が3%くらいのところ、ドラポンだと2%くらいに下がります。出にくさ60~70%くらい。
ドラポンは警戒されやすいので当然と言えば当然ですね。

ツモ率と鳴き発生率については…。まぁ同程度だろうということで従前のままでいいや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード