*All archives* |  *Admin*

<<04  2017/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
現物待ちについていろいろ調査
現物待ちがぜんぜん合わねー、といっていろいろ調査をかけてみました。
結論から言えば、いまだに原因不明です。

両面25,58待ちの非現物待ちと現物待ちについて、1順当たりツモ率と出る率を再調査してみました。
151101-01.png
左からツモ率、リーチ者から出る率、副露聴牌者から出る率、それ以外(副露不聴or非リーチ面前)から出る率です。

ツモ率では現物待ちの方が若干低い。これは1枚以上切れてることが確定していて枚数が少ないからですね。
リーチ者から出る率はツモ率と似たようなもの。
不聴者から出る率については、非現物待ちについてはリーチロン率、現物待ちについては現物待ちロン率のパラメータとほぼ同程度になっています。

1順当たりツモ率ロン率に問題ないとするならば、ツモの回数と他家から切られる回数の問題だろうか?と思って、1局当たりのツモ和了機会とロン和了機会の回数を数えてみました。
状況は前回と同じで、一人副露聴牌、一人リーチ、二人非リーチ面前です。
前回は書き忘れてましたが、集計の条件として副露聴牌者の聴牌打牌がロンされなかった時というのをいれてます。
リーチ成立の条件と似たような感じです。
151101-02b.png
非現物待ち。実測のツモ割合が40%くらい。ツモ和了機会が2~3くらい。つまり聴牌から局が和了なり放銃なりで終わるまでに2~3巡くらいかかるということか。聴牌者からのロン和了機会がツモ和了機会よりちょっと多くて、不聴者からのロン和了機会はその2倍くらい。
初期状態が一人リーチ、二人非リーチ面前(不聴扱い)なので、まぁ自然ですね。
ツモ和了機会の3倍よりロン和了機会の方が大きいのは、聴牌打牌がロンされなかったところからスタートするので、他家3人からのロン和了機会の後にツモ和了機会が回ってくるので、そこまでに和了が発生する分、ツモの機会が少なくなるためです。

単純計算で1順当たりツモ率(ロン率)×ツモ(ロン)和了機会の値を理論的なツモ和了率(ロン和了率)として実測(真ん中辺にあるやつ)と比べると、大体両者が似たような数値になることが分かります。
なので、非現物待ちはたぶん大丈夫。
151101-03.png
問題は現物待ち。実測のツモ割合が25%~30%くらい。
ツモ和了機会とロン和了機会の回数が非現物待ちより減っているのは、決着が早く付く分、和了機会の回数自体が少なくなるため。
ツモ和了機会の3倍<ロン和了機会となってるのは非現物待ちと同じ理由です。

同じように理論ツモ率とロン率を掛け算で出してみて、実測と比べると、
ツモ率は似たような感じでいいけれど、やはりロン率が理論値と実測値が大きく外れている。
ロン和了の機会がツモ和了より先に来ていて、1順当たりツモ率とロン率が大差ないので、やっぱり理論値のツモ割合は20%~25%くらいになって実測とずれている。理論値のツモ割合はシミュレーションの時と同じような数値です。

1順当たり和了率と和了機会回数を個別で取ったら問題ないのに、二つを重ねると全然合わないというよくわからない現象。やっぱりわからない。
今のところ実測値を集計するプログラムにバグがあるのがみつかっていない。
途方に暮れてます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード