*All archives* |  *Admin*

<<08  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
染めと待ち分布と出にくさ
今日の記事はおまけみたいな感じです。ちょっと気になったので調べてみました。

染め副露(7条件にあてはまる仕掛け)のときとそうじゃない仕掛けのときに聴牌時の待ちに違いが出るかどうか調べてみました。
151024-01.png
非染め副露の三面張・両面・亜両面以上率は41%。えっ、そんなに低いの?リーチの時は6割とかそのへんなのに。
シャボ(字牌含み)とシャボ(タンヤオ牌)とカンペン37が8~10%くらいとかなり多く見える。

染め副露の非染め色が当たり牌になってる確率は21%。実際に染まってない場合も、染め色が当たりになってるケースがかなり多いのが見て取れます。
三面張・両面・亜両面以上率は37%(うち染め色待ちが28%)。両面率については非染め手と大差はないですね。
字牌待ちの確率は19%なので、非染め副露の10%と比べるとかなり高いです。染め手は字牌警戒というのがよくわかります。


次に、自分が染め手で聴牌してる(染め副露の7条件でなく、実際に染まってる場合に限定)ときに、他家ノーテン者からのロン率に違いが出るかを調べてみます。
151024-02.png
一番上が非染めの副露聴牌、2つ目が染め手の副露聴牌、3つ目が1つ目と2つ目の合算(全体の出る率)、4つ目が2つ目÷1つ目で染め手の出にくさを表す倍率です。

他家から見て染め手に見えるかどうかとか自分の副露数とか染め色が余ってるかどうかは加味してません。

4つ目の倍率を見ると、特に終盤では出にくさ0.6~0.7倍みたいな数値が並んでいます。染め手聴牌は相当出にくそうなことが分かります。それでもさすがにリーチよりは出やすいですが。
そんな中、字牌待ちに関しては出にくさ0.7~0.8倍と比較的染め手で警戒されるリスクは少なそう。染め手であろうが、字牌は手牌進行上いらなくなる可能性が高いのですんなり出るということでしょうか。
とはいえ、あくまで相対的な出にくさの比較の話なので、ロン率自体を比べると染めの両面25,58とか36,47と字牌シャボは大差なし。ならば上がり率だけを見るのであればツモりやすい両面が優位と言えるでしょう。(もちろん字牌で上がれば高いとかいうのもあり得るが。)

あまり本筋ではないですが、いちおうシミュレーションに自手染め手のケースを加えておく(ノーテン者からの出る率に染め手出にくさ倍率を掛ける)のも一興です。

ところで、3つ目の全体のロン率なんですが、似たようなコードを書いてるはずなのに、前にパラメータで取った時と微妙に(というかけっこう)数値がずれてる。
現状でそこそこいいのができてる(実測とシミュレーションの差異が大きくない)ので、ここではスルーしますが、ちょっと気になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード