*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
ツモ牌と切る牌の違い、手替わりによる待ち変化
手替わりに関する諸情報を手探りで取ってみます。

まずはリーチ者がいる状況かつ前巡と今の巡目で副露聴牌維持した時の、
ツモった牌の区分別にその時切った牌の分布を出してみます。

直前の行動がチーかポンのときは除外します。
151003-01.png
左下がツモった牌、右上が切った牌。
1副露聴牌者のツモ牌が無筋456だったとき、切る牌が無筋2378の確率が14%、というような感じです。

重要そうな数値は黄色に塗りつぶした5か所くらいだと思われます。
筋牌をツモったときにメンツのスライドで現物を切るケース(右上の4か所)と、無筋456をツモったときにメンツのスライドで端寄りの無筋2378を切るケースの二通りです。
大体10~20%くらいの確率で、副露数が多い時は副露部分はメンツが固定しちゃってるので確率は小さくなります。

この2つについては考慮に入れた方がよさそうです。
染め副露に対して切る牌については染め副露の定義に関する議論も入るので今日のところはやめときます。


次は待ちの種類ごとにツモった牌と切った牌が異なる確率。(副露数別。前巡から今の巡目まで聴牌維持のケース。リーチ者の有無は考慮しない。)
151003-02.png
1副露のケースで、
両面だと5%くらい。亜両面が10%くらい。字牌シャボが5%くらい。タンヤオ牌シャボが10%くらい。カン2378が10%くらい。カン456が15%くらい。字牌単騎が20%くらい。タンヤオ牌単騎が30%くらい。
副露数が上がると切った牌がツモ牌と違う率は下がっていく。


次にツモ牌と切った牌が違う条件で、変化前の待ちの種類と変化後の待ちの種類の分布
(変化後については役の有無は考慮しないとする。待ち「その他」は除外。)
151003-03.png
左下が変化後、右上が変化前。
1副露でツモ牌と切った牌が違う時、カン28が両面25,58に変わる確率は17.6%という感じです。

変化前両面は比較的ばらついてて、よくわからない。塔子縦引きのシャボと筋の牌引きのカンチャンと雀頭刻子化の単騎待ちか。
シャボは両面変化が14%~24%くらい。
カン28は両面変化が14%だけど、その半分くらいカン46への変化もある。シャボ変化も10%くらい。
カン37はペンチャン待ちも含む分、両面変化は10%くらいと少なめ。
カン456は両面変化が20%くらい。
字牌単騎は三面張(おそらく暗刻の横引きの変則三面張)と亜両面の変化が大半か(31%)
タンヤオ牌単騎は別の単騎か三面張、亜両面。
片上がり14,69はシャボが21%とカン46が19%。
役牌片上がりはよくわかんない。

どのケースもフリテン待ちへの手替わりがけっこうあるのが謎。
リーチ者の有無を考えなかったのは失敗だったかな…。

リーチ者の有無も取ったうえで、2つ目のツモ牌と切る牌が違う率と3つ目のその条件付きの変化後の待ちを掛ける(主要なものだけ抜き出したうえで。おかしな手替わりまで考えるのはなんか違う気がするので。)、みたいな方針になるのかなぁ。
1つ目の対リーチツモ牌別切る牌区分は2つ目3つ目と独立で処理して、重要な5か所のみの対応とすると。
これで一回やってみますか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

プロフィール

nisi5028

Author:nisi5028
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード